ご案内

このサイトでは、シリコン・バレーでアメリカのIT企業に30年勤めたMasaが、仕事に使う道具としての英語の習得法をあなたに教えています。英語はスポーツと同じで練習すれば誰でも上手になります効果的な練習方法を知りたい人は、まず右下の無料アプリ「IT英語」をダウンロードして読むか、iBooksにある無料のIT英語」を読むか、あるいは一般の人向けにキンドル本になった「知って得する英語練習法」をキンドル又はキンドル・アプリで読んでください。英語は翻訳するものではありません英語ができる人は日本語と英語のどちらでも言いたいことが言えます。Masaはかつてシリコン・バレーでソフトウェア・エンジニアとして働きながら、英語で英語を教えるアメリカの教育者向けトレーニングも受講し修了しています。英語でさんざん苦労したMasaはあなたが何を間違えているかが良く分かります。文法と単語と発音を知っているだけでは英語を使えるようにはなりません。大事なのは英語表現をカタマリとして覚えることなので、試してみたい方はぜひMasaにメールをください。東京23区内を中心にプライベート・レッスンを承っております。

受講者の声


生徒さんの声1:
「DVDを使ったクラスは始めてだったので、最初はこれで大丈夫だろうかと思いました。でも半年ぐらいで俳優の言う事が聞き取れるようになると、映画の内容も面白いのでクラスに来るのが楽しくなりました。シャドウ・スピーキングは難しいけど、聴く練習と話す練習の両方に役立ちました。」

生徒さんの声2:
"I really appreciate that you taught me such enjoyable ways to learn English. Although I wasn't a very diligent student, I still learned a lot of new words and phrases. After 15 months of learning, I have found myself not being too shy talking to a native speaker. You have proved learning English after a certain age is possible. I am sure you'll encourage many more students of yours in Japan. I wish you the best of luck!!"

2019年5月24日金曜日

Career

仕事の経歴をキャリアと呼ぶ人がいます。でもこれは間違った英語発音なので止めましょう。正しくはコリアです。韓国の英語名とほぼ同じ発音です。キャリアではCarrierに聞こえてしまいます。Carrierでは荷物を運ぶ人になってしまいます。あなたの経歴はコリアです。リにアクセントがあります。MasaにはCareerもKoreaも同じ発音に聞こえるので、文脈で判断しています。こうした外来語の発音を間違って覚えると、いざという時にやはり英語で間違えてしまうので、普段からキャリアという言葉を使わないのが安全です。なお添乗員という意味のCourierでは最初のコにアクセントがあります。

2019年5月10日金曜日

英語でセルフ・トーク

独り言を英語でself-talkと言います。これを英語でやると英語をしゃべる良い練習になります。これは毎日いつでも出来る練習です。通勤通学の途中でもいいし、お風呂に入りながらでもかまいません。思いつく事を何でもいいから片っ端から英語で表現する練習です。これをやると、いかに自分が言いたい事にぴったりの英語表現を知らないかという事に気がつきます。それでいいんです。辞書を引くなり検索するなりして、必要な英語表現を増やします。また、ぴったりした表現を知らない場合、回り道してでも表現できれば十分です。なお、関係代名詞とか完了形を使わなくても、同じ事は二つの文章を使えば表現できます。英語でセルフ・トークして、自分の言いたい事を表す英語表現の数を増やしましょう。

2019年5月2日木曜日

Feel the Difference

英語を練習して自分の実力の変化を感じるには、英語の映画を10本視聴する必要があります。ひとつの映画を3回視るので、合計30回分ひとつの映画を最初から最後まで視る時間は、速くて半年で普通は1年です。生徒さんそれぞれ忙しい人生の中で時間をやりくりして英語の練習をしています。最初にそれだけの時間がかかりますと言って、半年コースや1年コースを設定すると期限が決まるので、練習にもプラスの効果があると思います。普段の生活の中で英語を使わない人にとって、自分の実力の違いを感じる機会はあまりありません。生徒さんの目標は人それぞれなので、TOEICなどの共通テストで練習成果を見える化すれば励みになります。