ご案内

このサイトでは、シリコン・バレーで複数のアメリカ企業(HP, eBay, Ariba, Amazon)に勤めたMasaが、仕事に使う道具としての英語の習得法を解説しています。英語はスポーツと同じで練習すれば誰でも上手になります。効果的な練習方法を知りたい人は、キンドル本になった「知って得する英語練習法」を読むか、ITエンジニア向けに作った無料アプリ「IT英語」を読むか、あるいはアップルBooksにある無料の「IT英語」を読みましょう。英語は翻訳せずに使います。効果的な練習をすれば、日本語ができる人は必ず英語もできるようになります。Masaはかつてシリコン・バレーでITエンジニアとして働きながら、英語で英語を教えるアメリカの教育者向けトレーニング(TEFL 80H)も受講し修了しています。英語でさんざん苦労したMasaは、英語で苦労した事がないネイティブとは教え方が違います。

入試勉強で学んだ文法と単語と発音のみでは英語を話せるようにはなりません大事なのは英語表現をカタマリとして覚えることです。Masaは主に東京都内でプライベート・レッスンを承っております。(プライベート・レッスンは最も効率の良い英語習得方法です。海外留学や駐在予定の方にもお勧めです。TOEICやTOEFLのご相談も承ります。)入会金や教材費は不要で、最短1回からご利用できます。今までの英語学校に満足できなかった方にも最適です。アルバイトのネイティブ教師に頼る英語学校に通っても英語は上達しません。初級者から上級者まで幅広く対応していますので、下のメール先までお気軽にご質問ください。スカイプを使ったオンライン・レッスンも可能です。

レッスン内容
Masaのレッスンで生徒さんに最初にお伝えする大事な事は次の三点です。
1. 言葉は音が基本。読み書きは会話の後で。

2. 言葉は視る、聴く、話すの順で。
3. 聴く能力と話す能力は別。
会話ができるようになるためには、ひたすら会話の練習をします。知らない単語や表現は聞き取れないので、知っている単語や表現を増やすために、英語の動画と字幕を使います。同時にシャドウ・スピーキングを使って、話す練習をします。思った事を自然に英語で口から出すのが目標です。日本語から英語に翻訳はしません。英語のまま理解し、理解した事を英語のまま話します。

初級者が英会話で「できる」水準に到達するには1000時間の練習が必要です。毎日11時間英語を使う究極の状況なら3ヵ月かかります。そこで英語国に留学するなら、最低3ヵ月は滞在しないといけません。もし毎日3時間英語を使うなら1年かかります。英語学校に通っても、宿題なしで毎週1時間という遅いペースだと20年かかります。英語を学ぶには練習に費やす時間数が大切で、毎日1時間使っても3年はかかります。Masaのレッスンでは英語の映画を使ってシャドウ・スピーキングの宿題を出します。この宿題で練習時間数を稼ぎます。宿題で聴く練習はできるので、生徒さんとお会いする時は話す練習が中心になります。Masaが映画について英語で質問を出し、生徒さんがそれに英語で答えるという方法です。(中上級者にはさらに英語のニュースやTED Talksも視聴してもらい、それについて質問します。)

宿題では同じ映画を3回英語音声で視ます。最初は英語字幕を出して、知らない単語があればそのつど映画を止めて辞書を引き、単語の意味を日本語で理解します。これで字幕の意味が分かるので、2回目は英語字幕を視ながら英語のセリフを英語で繰り返すシャドウ・スピーキングを練習します。これで意味と音が結びつきます。3回目は英語字幕を消して、再度シャドウ・スピーキングを練習します。聞こえた英語のセリフをなるべくそっくりに口から出すためには、ヘッドフォンやイヤフォンが便利です。俳優のセリフを自分の口でモノマネできれば、シャドウ・スピーキングは完了です。すべてのセリフが真似できなくても、8割ぐらいのセリフが真似できれば十分です。この練習で本番に使える英語表現の数を増やします。なお映画は最初から最後まで視るのに時間がかかるので、映画のチャプターごとに3回ずつ練習してもかまいません。

宿題以外で生徒さんにお願いしているのは、独り言を英語で言う練習です。音として口に出さなくても、頭の中で英語で言うだけで良い練習になります。初級者はまだ知っている英語表現の数が少ないので、なかなか言いたい事を英語で表現できません。ぴったりする表現を知らない場合、それに近い表現を頭の中から探してみましょう。独り言なので他に聞いている人はいません。単語ひとつだけでも独り言になるので、ムカつく(disgusting)とか、冗談じゃない(no kidding)、勘弁してくれ(give me a break)といった、よく映画にも出てくる表現を普段から独り言として練習しておけば、いざという時に思わず口から英語が出てきます。

Q&A
1. 英語の映画を練習に使うのはなぜ
映像と言葉の音を組み合わせる事で、状況に応じた言葉の意味がよく分かり、いっそう覚えやすくなるからです。それに映画なら内容も面白いので、教材がつまらなくて挫折という心配がありません。映像があれば身振り手振りも覚えられるので、身体言語の多い英語の練習には最適です。初級者は子供用のアニメ映画から始めます。Masaもアニメ映画が大好きでよく視ます

2. 初級者、中級者、上級者の間でレッスンの何が違うの?
使う映画が子供向きから中学高校生向き、さらに大人向きになる事と、教材として動画だけでなくポッドキャストや英字新聞を使うようになる事、それに会話中心から会話と読み書きが半々になる事です。会話の速さは最初から普通の速さです。使う単語の数初級者は少なく、上級者は多いというのが大きな違いです。上級者のレッスンには電話での会話、会議での発言、発表(TED Talks)なども加わります。目安としては、TOEIC 730点までが初級者、860点までが中級者で、それを超えると上級者です。

3. 家で英語の動画で練習するなら、レッスンは要らない?
英語動画を使ったシャドウ・スピーキングで英語を聴く練習は家でできます。でも思った事を英語で話す練習はひとりではできません。レッスンでは生徒さんにたくさん英語を話してもらうために、視た映画について話します。それだけでなく、過去一週間で何をしたかも話していただきます。自分から話題を提供するという能動的な練習をするためです。映画で使われた表現を覚えるテストもします。宿題を通じて得た疑問にもレッスンの中でお答えします。生徒さんは日本語で質問できます。

4. 英語の読み書きの前に会話を練習するのはどうして?
これが実は日本の英語教育の最大の欠点です。英文を読む事は英文和訳とは異なり、文を英語のまま順に理解するという行為です。英語はアルファベットという表音文字で書かれているので、文字に意味はありません。英文を頭の中で音読してその英語を聴いて頭から順に理解するという作業が、英文を読むという行為です。つまり英語を聴く能力がないと、英文を読む事はできません。英語のまま理解した文を覚えておいて、後でそれを使って英文を書くので、まず会話を先に練習します。日本の英語の先生は日本語で英語を教えるので、翻訳中心の授業をします。でも翻訳は会話とは違う技術なので、こうした授業では英文を読む練習にはなりません。英文を英語のまま順に理解できないと、TOEICやTOEFLの点数も上がりません。

5. 文法の知識は会話に必要?
会話に必要な文法は語順と時制と仮定法です。これは英語動画で表現を覚えると自然に身に付きます。日本語でも同じで、ふだん文法を意識しながら言葉を話す人はいません。状況に応じた英語表現をカタマリとして覚えるので、意識しなくても「文法的に正しい」会話ができるようになります。中学で習った語順と時制と仮定法だけ理解していれば十分で、レッスンの中でも再度説明します。

6. 発音を練習するにはどうしたらいい?
シャドウ・スピーキングで俳優のセリフをモノマネします。同じ音に聞こえるようになるまで、何度も口の形や舌の位置を調節します。でも一番大切なのは単語に正しい強弱アクセントを付ける事で、アクセントさえあれば英語に聞こえます。日本語では抑揚が大事で、英語ではアクセントが大事です。iOS版「IT英語」アプリに発音テストがあるので、これを使うと自分の発音の弱点が分かります。

7. レッスンは何回受ければいい?
これは生徒さんのゴールによります。英語動画を使った宿題のやり方はすぐ分かるので、2回のレッスンで満足する人もいれば、3ヵ月と期間を決めて始める人もいます。毎週1回のレッスンが標準なので、3ヵ月なら12回です。なるべく短期間に集中して練習する方が効率が良いため、長くても1年で区切りを付けるようにしています。レッスンの回数よりも毎日何時間を宿題に使えるかが大切です。毎日1時間を英語の練習に使える人は、毎日30分練習する人の倍の速さでゴールに到達します。

8. 練習時間を増やすには?
夜寝るときや朝起きるときにAFNを聞くと効果的です。通勤・通学の時間も英語の練習をします。辞書を引いた単語の意味と発音を覚えたり、これは使えると思う表現を覚えるのは家にいなくてもできます。日本語のテレビを視る時間を減らして、そのかわりNHKの海外向け英語放送をネットで視聴します。BBCの英語放送もネットで聞けるので、運動しながら、あるいは料理しながらでも聞いて英語に慣れます。中級になると英語のポッドキャストも使うので、これなら歩きながらでもシャドウ・スピーキングができます。ただし、車の運転中は運転に集中するために英語の練習はしません。

9. 英語の世間話はなぜ難しい?
仕事の会話よりも世間話が難しいのは、話題がころころ変わるからです。そのため色々な分野の単語を知らないと会話になりません。仕事の会話なら使う単語も限られており、よく知っている分野なので話題も豊富です。ところが大人の世間話となると、こうした縛りがないので語彙力が試されます。経済の話、政治の話、芸術の話、科学の話、音楽の話、食事の話、洋服の話、教育の話など英語のニュースを普段から聞いていないと知らない単語や表現が出てきます。地球温暖化について自分の意見を言ったり、消費税の使い道について自分の考えを英語で言えますか。こういう場合は自分から得意分野の話題を出して、会話をコントロールするという技術も必要です。例えば最近開店したレストランに行った話は食いつきの良い話題です。オチがある失敗談も人気があります。逆に自分の自慢話は避けましょう。

10. 本を読めば英会話は上手くなる?
もちろんなりません。英会話はスポーツと同じで、練習しないとうまくなりません。泳ぎを学ぶには水の中で体を動かします。自転車に乗るには何度も転んでバランスの取り方を覚えます。英会話を学ぶにはたくさん英語を聴いて話します。それには英語の映画を視てシャドウ・スピーキングをするのが一番です。よく使う英語表現を宿題を通じて頭に入れたら、次にそれを使って誰かと英会話を練習しましょう。

11. 子供に英語を教えるにはどうすればいい?
子供には英語を学ぶ動機がないので、親がお手本を見せて一緒に学ぶのが一番です。それに子供だけ英語を学んでも使わないとすぐ忘れるので、英語を話す友達をどこかで見つける必要があります。親が子供と英語で毎日会話する時間を設けるのも良い練習になるので、ここでも英語の子供用アニメ映画が役立ちます。

受講者の声

☆☆☆Masaはストアカゼヒトモにもプロとして登録済みです☆☆☆

英語初級セミナーの録画ビデオ:
生徒さんの声1:
「DVDを使ったクラスは始めてだったので、最初はこれで大丈夫だろうかと思いました。でも俳優の言う事が聞き取れるようになると、映画の内容も面白いのでクラスに来るのが楽しくなりました。シャドウ・スピーキングは難しいけど、聴く練習と話す練習の両方に役立ちました。」

生徒さんの声2:
"I really appreciate that you taught me such enjoyable ways to learn English. Although I wasn't a very diligent student, I still learned a lot of new words and phrases. After 15 months of learning, I have found myself not being too shy talking to a native speaker. You have proved learning English after a certain age is possible. I am sure you'll encourage many more students of yours in Japan. I wish you the best of luck!!"

2017年12月17日日曜日

歌詞が含むもの

いくら英語を学んでも、英語の歌の意味を全部理解するのは普通の日本人には無理です。それは、いくら普通のアメリカ人が日本語を学んでも、演歌の意味を全部理解するのが難しいのと同じです。その国に子供のころから住んでいないと分からない、文化的な背景というものがあります。歌詞とはまさに詩であり、言葉をそぎ落とした表現です。仕事で使う英語と違い、英語の歌を理解するのは上級コースなのです。それでもアメリカの歴史やニュースを追いかけているうちに、やっと歌詞の意味が分かる事もあります。それも語学学習という終わりのない旅の一部です。

2017年12月12日火曜日

IT英語を更新

iPhone/iPad用アプリ「IT英語」をダウンロードいただき、ありがとうございます。iPhone Xの細長い画面を無駄なく使うために、このアプリの更新をしました。最新版のバージョン1.4.1は本日から配布開始です。またバージョン1.4から使える「音声認識」を使うと、簡単にご自分の英語の発音をテストすることができます。普段自分では気付かないミス、例えば子音の発音やアクセントの位置を確かめるのにとっても便利です。ぜひお試しを。

2017年12月1日金曜日

外国人旅行者

日本で見かける外国人旅行者の数が増えています。円安と治安の良さが原因です。それに加えて、物価が上がるオリンピック前の日本を見ておこうという旅行者もいます。日本の物価はドル建ての国から見ると相対的に安く、また国内でもう何年もテロが起きていないので、ヨーロッパよりも安全な日本へという流れが起きています。スマホと地図を片手に都内を歩く外国人旅行者はアジアからも多く来ており、彼らはあまり日本人と変わらない服装なので街に溶け込んでいます。英語が話せる旅行者とは限りません。インバウンド旅行は数少ない成長産業なので、若者には英語に限らず中国語や韓国語でもいいですから、しっかり外国語を学んで日本に来る旅行者を増やしてほしいと願います。

2017年11月18日土曜日

スマホの活用

前にもご紹介したように、スマホをお持ちの方は設定言語を日本語から英語にすれば、スマホを英語の練習に使えます。言語を英語にしても、入力言語として英語と日本語を指定しておけば、メールやラインで日本語を今までと同様に使えます。スマホのメニューが英語になったり、ゲームのキャラの説明が英語になったりするだけです。アップルをお使いなら、Siriの言語設定も英語を選ぶとSiriと英語で会話ができます。無料で英語の練習ができるので、スマホを使わない手はありません。その上ユーチューブやTEDの動画も視聴できるので、スマホは最強の練習道具として使えます。ぜひお試し下さい。

2017年11月7日火曜日

iOS11をサポート開始

お待たせしました。「IT英語」のバージョン1.4がiOS11をサポートします。この最新版はアップルのiPhoneとiPadの上で動き、音声認識機能を備えています。2本指タップで音声認識画面に移るので、インターネットさえあればいつでも英語の発音テストができます。大部分の利用者はアップルをお使いなので、音声認識機能をまずiOS版から出しました。Android版についてのご要望は右のメール先までお知らせ下さい。

2017年9月9日土曜日

英語は3語で伝わります

先日「英語は3語で伝わります」という本を読みました。この本の趣旨は「簡単で短い表現を使うのが英語のコツ」というもので、Masaもこれには100%同意します。ただし本の文脈として「翻訳をするとき」という前提条件があるので、この点だけ注意が要ります。この本の背後にあるのが「テクニカル・ライティング」という文章の書き方で、英語のマニュアルや論文を書くときのお作法です。Masaもこれは仕事を通じて学びました。この本の著者は「頭の中で英文を組み立てる」という方法を勧めています。これは文章の翻訳においては役に立つものの、会話では時間がかかりすぎて使えません。英語を会話に使うには、場面に応じて言いたいことを頭の中に用意しておく必要があり、自然な英語表現を覚えておく必要があります。日本語だってそれは同じです。ほとんどの人は今まで聞いた範囲の表現しか使えないのです。上手な人の英語を真似して覚えるという、子供と同じ学習しか手はありません。でもそれはつまり、日本語ができれは誰でも英語ができるようになるという事でもあります。

2017年9月3日日曜日

ゴールは何?

英語学習者のゴールは何でしょう? 英語で仕事する? 海外の大学に留学する? 当然人によりそのゴールは違います。ダイエットで10kg痩せるというのとは違い、簡単明瞭なゴールはありません。実際TOEICで960点を取っても知らない英単語はたくさんあるし、大人向けの英語の映画を字幕なしで視て100%分かるという事はありません。Masaも先週視たビデオで plug という単語が「宣伝」の意味で使われるのを知って、改めて辞書を引いたらアメリカ英語だとテレビに入るコマーシャルの事だと書いてありました。アメリカに暮らして30年近くなるのに、こんな簡単な単語の新しい意味に今頃気付くのですから、ネイティブにはかないません。言語の学習に終わりがないというのは確かなので、学習するにつれてゴールを替えていくのが良さそうです。最初はディスニーのアニメ映画を視てセリフを全部理解する所から始めて、人それぞれのゴールに向かって途中の通過点を決めたらどうでしょう。通過点には英検一級とかTOEICで900点以上という数値目標を入れても良いかと思います。

2017年8月23日水曜日

リズム言語とメロディ言語

英語はリズム言語で日本語はメロディ言語だというのが今回のお題です。英語ではアクセントが大切で、ちょうどドラムでリズムをたたくようにアクセントの所を強く発音します。途中の音は聞こえなくても良いのです。手拍子でこれを表現する先生も少なくありません。これに対して日本語はメロディ、つまり抑揚が大切です。これを間違えるとヘンな日本語に聞こえます。日本人は無意識にアクセントを落として英語にメロディを付けてしまうので、この違いはちゃんと理解しておく事が大切です。山あり谷ありが英語で、台地や平地が交互に並ぶのが日本語です。大事な単語のアクセントだけでも強く発音すると英語らしく聞こえるので、ぜひお試し下さい。

2017年8月5日土曜日

アメリカ英語は簡単

ご存じのようにアメリカは移民の国です。英語を母国語としない人々が多いので、アメリカ英語は簡単な表現を好みます。イギリス英語と違って普段の会話に教養を求められることはありません。労働者英語と貴族英語のような区別もありません。なるべく簡単な表現で万人に通じる英語が良いとされていて、大統領の演説などはその典型的な例です。日本でも学校で習うのは主にアメリカ英語です。それではなぜ英語に苦手な日本人が多いのでしょう。それは学校での学び方が間違っているからです。英語は表現を学ぶのがすべてです。文字はアルファベットの26個しかありません。文法もまず英語表現を覚えれば後から分かります。翻訳ではなく、この状況でこう言いたい時はこの表現という組み合わせをひたすら覚えるのが英語の正しい学び方です。これを楽しくやるには英語字幕で視たい映画やアニメを何度も視ます。まずはディスニーの映画を英語字幕と英語音声で3回視ます。最初は字幕を視て意味を理解し、次に字幕を視ながら音声を真似します。最後に字幕を消して音声だけ真似できれば完璧です。この練習を10本のアメリカ映画について行えば貴方もTOEICで860点以上間違いなしです。

2017年7月15日土曜日

小学校の英語

日本人全員が英語に堪能になる必要があるかと問われれば、今後100年間その必要はないという答えになります。およそ国民の10%が仕事で英語を使いこなせれば十分で、残りの90%の人は必要に応じてこの10%の人に助けてもらえば良いでしょう。ではその10%の人たちが持つべき英語力がどれくらいかと言うと、例えばTOEICなら860点以上です。急に海外出張に行っても短期間なら英語で仕事できるレベルという意味です。学校英語の中で10%の人たちにこれだけの英語力を身に付けてもらうには、音楽や図工などあまり日本語を使わない教科を英語で教えるのが近道です。小学校から英語を始めてもそんなに授業時間は取れません。音楽や図工で授業に英語を使えば、授業時間を増やさずに英語を学ぶ時間が確保できます。

2017年7月1日土曜日

英語特区

東京に英語特区を作りましょう。その中では英語が公用語で日本語は不必要という場所です。世界的にAI技術者が足りない今、日本に海外から優秀な技術者を呼ぶにはこうした特区が必要です。英語の医者がいて英語で行政手続きができ、英語で買い物や外食ができる場所を東京に作れば、インドや中国からたくさんの技術者が移住します。特区なので規制緩和をして日本の永住権を取りやすくします。車の免許も英語でテストが受けられるようにします。公立学校も英語で教育するので、子供に世界レベルの競争力を付けたい日本人も殺到するでしょう。日本の中の外国なので観光地にもなります。政府の役割は英語特区を作って規制緩和をするだけです。場所さえあれば後は民間企業がお金を出して運営します。

2017年6月25日日曜日

前置詞の発想

英語の前置詞は物理的な位置関係を表します。住所や場所に付くのがatで、物の中を表すのがin、物の外はoutです。物の表面に接している場合はonを使い、離れている場合はover, under, above, belowを使います。動きながら物の上を行くのがoverで、下ならunderです。動きがないなら物の上がaboveで下がbelowです。横は左右を問わないならbesideで、距離的に物に近いだけならbyを使います。前後は時間的にはbeforeとafterですね。空間的にもbeforeとafterが使えます。背後という意味ならbehindです。behindはbeとhindからなる単語で、hindは後ろのという形容詞です。同じ構造をしているのがbeとforeからなるbefore、それにbeとsideからなるbesideです。これらの例文を知りたい人は今すぐ辞書を調べてください。

2017年6月17日土曜日

恐怖症

日本語の何々恐怖症はそのまま英語の~~phobiaに相当します。Phobiaというのは恐怖というギリシャ語だそうで、ネタ元のWikipedia[^1]には百を超える恐怖症が並んでいます。その中でも普段の会話でよく聞くのが以下の四つです。Acrophobia高所恐怖症、Claustrophobia閉所恐怖症、Mysophobia不潔恐怖症、Xenophobia外人恐怖症。これらはどれもphobiaのphoの部分にアクセントがあります。新たに単語をつなげて作ったTelephone phobiaという言い方もあるようで、これは電話に出るのが怖いという症状を表します。

^1: https://en.wikipedia.org/wiki/List_of_phobias

2017年6月11日日曜日

前置詞の悩み

日本の公立学校で英語を勉強した人に共通の悩みが前置詞です。どの前置詞を使ったら良いかわからないという人は多いと思います。英語の前置詞と日本語の助詞は1対1に対応していません。前置詞とはその名前の通り何かの前に置かれる単語です。前置詞の後に来る単語によって使う前置詞が決まるので、前置詞とその後に来る単語はセットで覚えなければなりません。英語は翻訳するものではないので、英語表現のひとつとして文章の形で前置詞の例を覚えるのが一番です。この場合その表現が使われる情景を思い浮かべて、その情景と一緒に文章を覚えれば決して忘れません。英語の動画で英語の字幕を見ながら、自分の口でその表現を10回繰り返しましょう。英語は理屈ではなく練習して身に付けるものです。何度も練習することで、その前置詞の意味が分かってきます。

2017年6月2日金曜日

誰から英語を学ぶのか

日本語と同じように英語を学ぶ事ができれば一番です。でも日本では日常生活で英語を必要としないので、普通は英語を日本語と同じように学ぶ事はできません。大人になってから英語を学ぶ場合、誰から英語を学ぶかで上達の速度は大きく変わってきます。野球の名選手が野球の名コーチになるとは限らないように、英語ネイティブが必ずしも英語の名コーチとは限りません。例えば、普通の英語ネイティブは英語で苦労してないので、貴方がなぜ英語を話せないのかを理解できません。その意味で日本人の生徒さんには、英語を苦労して身に付けた日本人が一番良いコーチになります。ただし、相手が日本人では英語を話すという動機が失せるので、時には英語ネイティブとの会話も必要です。それはバーのフィリピン人ホステスでもかまいません。

2017年5月27日土曜日

サービスと料金

自由経済においてサービスとその料金はだいたい等価になるはずです。例えば駅などに10分千円で髪を切るサービスがあります。手早く髪を切りそろえてくれるので、千円の価値があると見なされてけっこう賑わっています。もしサービスが下手で客が満足しない場合でも、ケガでもさせない限り料金の千円を超える賠償義務は生じません。では翻訳サービスはどうでしょうか。翻訳者になるための国家試験はないし、料金を制限する法律もありません。ということで翻訳サービスが自由経済に含まれると仮定しましょう。すると翻訳サービスを利用する人が払う料金は、同時にその翻訳サービスのミスにより発生する賠償義務の上限となります。翻訳には常に誤訳があり、その結果起きる損害の金額はまちまちです。またスマホなどの無料の翻訳サービスを使うと、賠償義務の上限も無料になります。つまり商談に無料翻訳サービスを使う場合、誤訳による損害に対して責任を負うのは翻訳サービスの提供者ではなく、その翻訳サービスを使った人です。このため仕事に翻訳サービスを使う場合、誤訳の責任は自分が負うという覚悟が必要です。今後いくら自動翻訳が進化しても、それで外国語を学ぶ必要はなくなりません。責任の重い会話になればなるほど、自動翻訳には頼れないからです。

2017年5月20日土曜日

英語でケンカ

英語でビジネスをすると、英語でケンカする事も時には必要になります。この場合大事なのは、ひとつひとつ例をあげながら理詰めで相手の弱点を突く事です。感情に訴えかける方法は、アメリカでは日本ほど通用しません。むしろ自信をもって感情を入れずに問題点を列挙する方が、多くの人に理解してもらえます。ルールはこうなっているからとか、契約書にこう書いてあって貴方もサインしたよね、というやりとりが中心です。もちろんビジネス以外では感情に訴えかける方法が効きます。先のアメリカ大統領選では感情対策を怠ったヒラリーが負けました。英語でケンカする時に使う表現はまた別の機会にお伝えします。

2017年5月13日土曜日

英語と給料

仕事で英語を使う人が、そうでない人に較べて何倍の給料(ボーナス込み)をもらっているのかが今日のお題です。Masaの勤めた事のある外資系企業を例にすると、日本で働く場合はほぼ2倍の給料となります。例えばソフトウェアのエンジニアなら、年収600万円が1200万円になるという具合です。また同じ仕事でもアメリカに来れば、これが3倍になります。年収1800万円はシリコン・バレーのエンジニアの平均値[^1]です。グーグルやアップルならもっと高い給料となります。そのかわりアメリカの税金は高いので、日本より所得税の割合が高い事を忘れてはいけません。たとえ日本で働き続けたとしても、英語はとても受取額の大きい投資です。Masaがエンジニアの皆様に英語を勧めるのは、英語のROI (Return On Investment)がとても高いからです。

^1: http://www.huffingtonpost.com/entry/silicon-valley-salaries_us_56d61ee6e4b0bf0dab33ce96

2017年5月1日月曜日

海外M&Aの失敗

このごろ東芝、日本郵政、LIXILなど日本の著名な企業が海外企業のM&Aを行い、大きな損失を出すという例が増えています。買収した会社の決算がそもそも粉飾されていたり、日本側の調査不足で海外企業の価値を誤解していたり、あるいは買収した会社のトップの人間の嘘を見抜けなくて、ずるずると赤字経営を続けるという事例が見受けられます。Masaはここに日本企業の弱点があると見ています。海外の企業だとまず英語で話す事になります。相手の方が何倍も英語は上手ですから、べらべらとしゃべられて煙に巻かれているだろうと想像します。コミュニケーション、つまり意思疎通はビジネスの基本です。でも実際には英語での意思疎通ができない人がこうした大企業に多いということです。文化も言葉も違う人間と意思疎通するには、単に英語ができるだけでなく相手の国の実情を知る必要があります。当然ながら日本の常識は海外では通用しません。企業の海外投資が失敗に終われば、その分だけ日本の外貨が無駄になります。海外企業のM&Aを甘く見てはいけません。

2017年4月22日土曜日

単語は知っているけど

英語を聴いて知っている単語ばかりなのに、なぜか全体として意味が分からないという経験がありませんか。それは大事な単語に別の意味があるか、あるいは文脈が分からないかのどちらかが原因です。例えば「rear」という単語には「後ろ」という意味とは別に「育てる」という意味があります。このためrearを聴いて「後ろ」という意味だと思い込んでしまうと、これが動詞として使われる場合にはお手上げになります。一方文脈が分からないというのは、その分野の知識が足りないという事です。前提となる知識なしで会話するのはまず不可能です。どちらの場合も、思い切って「I don’t understand.」と言って、大事な単語や前提を教えてもらいましょう。英語では話し手に相手を理解させる責任があるので、聞き手である貴方は納得いくまで説明を求める権利があります。また逆に貴方が話し手の時は、言葉や身振りで相手に分かってもらうまで英語の説明を尽くす必要があります。「話が分からないのは聞き手が悪い」という日本の常識は英語にはありません。

2017年4月15日土曜日

逆の経験

先日近くの映画館で日本のアニメ「君の名は。」を観る機会がありました。英語のタイトルは「your name.」とそのまんまです。英語字幕の回と英語吹き替えの回があり、もちろん英語字幕の回を観ました。アメリカの映画館で日本のアニメを日本語のまま観られるなんて夢のようです。しばらく自分がどこの国にいるのかも忘れて、このヒット作を楽しみました。観客にはひと目でそれと分かるアメリカ人の「おたく」グループもいて、映画終了後には拍手するなど相当盛り上がっていました。日本語を聞きながら英語の字幕を読むという、普段とは逆の経験もしました。字幕には文字数の制限があるので、相当セリフの内容を簡略化して英語にしています。それでも内容は理解してもらえたようで、安心したMasaはこの映画を周りのアメリカ人に勧めています。

2017年4月8日土曜日

書き取り

人から聞いたリスニングの練習方法をご紹介します。CDなどで英会話を聴いて、それを英語の文章として紙に書くという方法です。英語の発音に慣れてない初心者には効果があるそうです。ラジオの英会話教室に似ています。文書にするとどこが聞き取れてないのかすぐ分かるので、なぜそれが聞き取れないのかを誰かに教えてもらいましょう。音と意味を結びつける練習として、Masaは英語の字幕が出せる動画を勧めています。知らない単語は聞き取れないので、いずれにせよ知っている単語の数とリスニング能力は比例します。自分のレベルに合った練習方法を選ぶのが、効率良く英語能力を身に付ける方法です。

2017年4月1日土曜日

英語練習と母語

英語の練習には、100%英語だけを使う方法と必要に応じて母語を混ぜる方法があります。これは状況に応じて使い分ければ良いと思います。アメリカでESLのクラスを取ると生徒の母語はまちまちです。中国から来た生徒、韓国から来た生徒、イタリアから来た生徒、メキシコから来た生徒など共通の母語はありません。すると先生は100%英語を使うことになります。これに対して日本で英語を教える場合、特に初心者に対しては母語を使って説明した方が理解が進みます。英語と母語の割合は、初心者なら英語10%で母語が90%でもおかしくありません。英語の練習が進むにつれて、この割合は英語が増えて母語が減ります。最終的に英語100%にもっていくのが練習の目標です。同時通訳者でない限り、日本語を聴いていると英語は分からないし、英語を聴いていると日本語は分かりません。英語に慣れるといちいち日本語にもどる必要がなくなるので、頭の切り替えが不要となり楽になります。英語の教材は主に初心者向けに作られているので、英語の割合が半分以下など普通です。英語100%の練習をするには、おそらく生徒の能力としてTOEICの740点ぐらいが必要でしょう。生徒の英語発話時間をなるべく増やす事が大切です。

2017年3月30日木曜日

お知らせ

本日アップルの米国担当者と話す機会がありました。「IT英語」アプリは基本的に「本」なので、今後のアップデートはできないと言われました。本ならiBooksに載せろという事で、それはもうやってあります。アプリを長いことアップデートしないとAppStoreから落とされる可能性もあるので、まだ「IT英語」アプリを入手していない人は、このアプリがマーケットにある今のうちに入手する事をお勧めします。「IT英語」アプリをもっと高度な練習道具にする計画はあるものの、その実行にはまだ当分時間がかかります。教材を売るビジネスには興味がないので、無料のアプリである「IT英語」をいつまで維持できるかは不明です。

2017年3月24日金曜日

好きな事から

英語を学ぶのに最適の方法は、好きな事から入る、です。好きな外国映画を英語字幕で視る、好きな芸能人の話題を英語の記事で読む、好きなテーマをwikipediaで深掘りするなど、お金をかけずに自分の好きな事を通して英語に接する機会を徐々に多くしていくのがお勧めです。ゲームが好きな人はゲームの話でいっぱいの英語のサイトを検索して、その中を読みまくるという手があります。鉄道が好きな人は鉄道についてWikipediaの英語の記事を読むと、きっと面白い発見があるでしょう。人からやれといわれた事ではなく、自分でやりたいと思った事なら苦になりません。どんな人にも自分の好きな事は必ずあります。そこから英語に近づくのが一番の学習です。分からない単語は必ずオンラインでもいいので辞書で引いて、その場で意味と発音と文例を覚えるようにしましょう。アメリカの若者が日本語を学ぶ近道は日本のアニメを視るという方法です。Masaの所にも漢字を学ぶためにジャンプなどの漫画週刊誌をもらいに来るアメリカの高校生や大学生がいました。

2017年3月18日土曜日

NHK WORLD TV

NHKが海外向けに英語のインターネット・テレビ放送をしている事はご存じでしょうか。「NHK WORLD TV」という名前のアプリで視聴できます。これは日本人に馴染みのある話題を英語で話してくれる大事な放送です。ニュースで英語の字幕を出せない点を除けば、無料である事も含めてお勧めの教材です。登場するアナウンサーは上手なアメリカ英語を話します。毎日「NHK WORLD TV」のニュースを視ると、とても効果的な英語の練習になります。

2017年3月9日木曜日

英語漬け

自分を朝から晩まで英語漬けにする方法を考えてみましょう。むかしMasaがやったのは英語のラジオ放送を目覚まし代わりにして起き、夜寝るまでずっと英語放送をBGMとして部屋に流すというものです。英語の放送としてはAFN (FEN)を選びました。その頃(今から30年前)にはまだインターネットがなかったので、無料の教材としてはAFN (FEN)しかありませんでした。これに意味と音との関係を学ぶ練習、つまり英語の映画を英語の字幕付きで視る練習を組み合わせると、自分でも驚くほど効果がありました。この経験から自分を英語漬けにする事が大事だと気付いたので、今ではなるべく英語に囲まれる時間を長くするよう生徒さんにお話しています。インターネット上には無料の英語放送や英語映像がたくさんあるので、まずここから始めると簡単に自分を英語漬けにできます。練習を続けていると突然やってくる、英語が音ではなく言葉として聞こえる瞬間は感動ものです。

2017年3月1日水曜日

数の読み方

日本語と英語では数の位の読み方、特に桁取りが違います。日本語だと4桁ごとに名前が変わるのに対して、英語だと3桁ごとです。このため大きな数になるほど直感的に日本語と英語の数の大きさが分からなくなります。これを避けるには、英語のthousandとmillionとbillionに対応する日本語の数を覚えてしまうという手があります。まずthousandは千ですね、工学的にはキロです。次のmillionは百万で、メガです。そして最後のbillionは十億で、ギガです。この三つは暗記すると便利です。例えば地球の年齢が4.7 billion yearsと書いてあれば、ああ47億年ねとすぐ換算できます。日本の人口が1・3億人ということは、0.13 billionだから130 millionだと言えます。こうするといちいち下から一、十、百、千、万と数えるよりもずっと速く換算できます。

2017年2月18日土曜日

英語とお酒

Masaが以前から暖めている企画が「英語とお酒」です。日本人は恥ずかしがり屋なので、なかなか人前で英語を話せません。これは大人の英語教育にとってひとつの壁なので、これを打破するためにお酒を利用しようという考えです。ある程度お酒が入れば人の羞恥心はぐっと下がります。この段階で英語を話す練習をすると、ほとんどの人が積極的に英語を話してくれます。英語バーとか英語スナックという発想です。そこで接客する人には英語を話せるフィリピン人が最適です。カラオケも英語の歌しかありません。ついでに禁煙だとMasaはすごく嬉しいです。誰かこうした飲み屋をやってみませんか。

2017年2月11日土曜日

フリーライター

危ない和製英語シリーズがあれば筆頭に来るのが「フリー」を含む単語群です。Freeは自由という意味の他に無料という意味や無関係という意味もあります。I am debt freeといえば「私は無借金」という意味になります。あるいはsex freeというと「性別無関係」という意味です。男女差のないデザインの帽子などsex freeです。そこで和製英語の「フリーライター」が何を意味するかと言えば、おそらく「フリーランス・ライター」でしょう。どの会社にも所属しない「フリーランス」はfreelanceという英語から来ており、君主に所属しない雇い兵を表すfree lancerがその語源です。これをfree writerと縮めてしまうと、無料で記事を書く人になってしまいます。

2017年2月1日水曜日

英語学習時間

日本人の感覚だと英語の基礎練習に1000時間が必要というのは「長すぎる」と言われます。でも日本人が日本語を習得するのに費やした時間がいったい何時間だか知ってますか。話を簡単にするために0歳から15歳までの15年間を取り上げましょう。これに年間日数の365日と起きている時間の16時間をかけると8万7600時間です。つまりこの時間数だけ日本語を使い日本語に囲まれて日本人は育つのです。これにくらべれば1000時間など1%ちょいです。さらに授業時間を数えると中学と高校合わせて6年間として、そこに年間授業週数として44週かける毎週英語の授業が5時間としても1320時間です。つまり日本語を学んだ時間のたった1・5%しか英語の授業は受けていません。これだから日本人は英語が下手なのです。日常生活で英語を必要としない日本人にMasaが勧める英語練習法では、最初の基礎練習に1000時間を使います。これは「長すぎる」どころか、実はとっても短くて効率的な練習方法だからできる最短の時間数なのです。毎日3時間を使えばほぼ1年で終わります。仕事に使う英語を学びたい人は、右のリンクからまずキンドル本の「知って得する英語練習法」を読むか、無料の「IT英語」を読んでください。自分の体験から言うと、英語ができれば人生が変わります。人生を変えたい人は英語を学びましょう。

2017年1月28日土曜日

木漏れ日

先日ポッドキャストでAsk a Spacemanという番組を聴いていたら、日本語の「木漏れ日」に相当する英単語はない[^1]という事を知りました。むむ、このアメリカ人Masaよりよく知ってるじゃんと思いつつ、改めて「木漏れ日」にあたる英語を調べると「sunshine filtering through foliage」となっています。確かにこれは説明であって、単語じゃないですね。物理的には「木の葉の間から差し込む日差し」であっても、日本語の「木漏れ日」には人に優しい日差しという意味があります。まともに当たる日差しが眩しい日でも、森に入れば適度に減光されたお日様に会えるというわけです。元になったと思われるリンク先には他にも興味深い他国の言葉が載っています。

^1: http://ellafrancessanders.com/untranslatable-words-from-other-cultures/

2017年1月21日土曜日

重力波

科学の世界で「重力波」という日本語に訳される元の英語には「gravitational wave」と「gravity wave」のふたつがあります。このふたつは全く違うものであるにも関わらず、日本語に翻訳すると同じ「重力波」になってしまうため、よく誤解の元となっています。英語の「gravitational wave」は時空間の歪みが光速で波のように伝わる現象の事で、2015年から2016年にかけて始めてアメリカで確認されました。大昔のふたつのブラックホールが合体して生まれた時空間の歪みを、地球上のふたつの物体の間の距離の変動として捉えたものです。これに対して「gravity wave」は池に石を投げ込んだ時に生じる波紋のことで、重力があるために水面が上下する現象の事です。「gravity wave」は身の回りに昔からあるので、これを大げさに「重力波」と呼ぶ人は学者だけです。ところが元の英語の違いを知らない人にとって、どちらも日本語にすると「重力波」になるので、これは大問題です。そこで「gravitational wave」は「時空重力波」もしくは略して「時空波」と翻訳してはどうでしょう。

2017年1月12日木曜日

空気を読む

日本独特の「空気を読む」という表現は英語にできません。そもそもムードという和製英語が表す「空気」はairとは違います。さらにムード・メーカーという和製英語が表すものは、その場の雰囲気を好転させる人物です。もし英語でこれを表すとしたら cheerleader が近いでしょう。言わなければ分からないという文化が英語の背後にあるので、「空気を読む」という人は英語の国では見かけません。それにアメリカの都会は移民だらけなので、文化的背景の違う移民どうしでは話の前提まで確認しないと意思の疎通ができません。均質な日本人が共有する「言葉にならない気持ち」が日本の「空気」です。