ご案内

このサイトでは、シリコン・バレーでアメリカのIT企業に30年勤めたMasaが、仕事に使う道具としての英語の習得法をあなたに教えています。英語はスポーツと同じで練習すれば誰でも上手になります効果的な練習方法を知りたい人は、まず右下の無料アプリ「IT英語」をダウンロードして読むか、iBooksにある無料のIT英語」を読むか、あるいは一般の人向けにキンドル本になった「知って得する英語練習法」をキンドル又はキンドル・アプリで読んでください。英語は翻訳するものではありません英語ができる人は日本語と英語のどちらでも言いたいことが言えます。Masaはかつてシリコン・バレーでソフトウェア・エンジニアとして働きながら、英語で英語を教えるアメリカの教育者向けトレーニングも受講し修了しています。英語でさんざん苦労したMasaはあなたが何を間違えているかが良く分かります。文法と単語と発音を知っているだけでは英語を使えるようにはなりません。大事なのは英語表現をカタマリとして覚えることなので、試してみたい方はぜひMasaにメールをください。東京23区内を中心にプライベート・レッスンを承っております。

受講者の声


生徒さんの声1:
「DVDを使ったクラスは始めてだったので、最初はこれで大丈夫だろうかと思いました。でも半年ぐらいで俳優の言う事が聞き取れるようになると、映画の内容も面白いのでクラスに来るのが楽しくなりました。シャドウ・スピーキングは難しいけど、聴く練習と話す練習の両方に役立ちました。」

生徒さんの声2:
"I really appreciate that you taught me such enjoyable ways to learn English. Although I wasn't a very diligent student, I still learned a lot of new words and phrases. After 15 months of learning, I have found myself not being too shy talking to a native speaker. You have proved learning English after a certain age is possible. I am sure you'll encourage many more students of yours in Japan. I wish you the best of luck!!"

2018年12月16日日曜日

英語練習用映画

英語の練習に使う映画は主に3種類あります。まず12歳以下が主な顧客層となる、ディスニーのアニメーション映画です。これは基礎練習にぴったりの映画で、まずこれを10本視ましょう。次に13歳から18歳までが主な顧客層となる、ヤングアダルト映画があります。この映画は本数が少ないので、5本視れば十分です。それから大人が視る一般の映画に移ります。これは一番本数が多く、内容も豊富なので練習にはもってこいです。この映画を最低10本視ます。その後は映画以外にドキュメンタリーなど自分の好みに応じて映像作品を選びます。映像を視ながら英語を遅れずに頭の中で繰り返せれば、この練習は完了です。

2018年12月9日日曜日

ドレミダ

The Chainsmokers の Don’t Let Me Down [^1]という歌を聴くと、「ドレミダ」と聞こえます。これはドレミダと聞こえるのが正しいのです。決してドント・レット・ミー・ダウンとは聞こえません。つまり Don’t Let Me Down を速く発音するとドレミダになり、逆にドレミダと聞こえたら、ああ Don’t Let Me Down だなと思えば良いのです。言語は耳に聞こえた通りに素直に覚える事が大切で、その音に出来るだけ自分の発音を似せましょう。カラオケと同じで、何度も曲を聴いてその音を真似します。モノマネが上手い人ほど英語も速く上達します。これは歌に限らずラジオや映画でもできる発音の練習です。

^1: https://www.youtube.com/watch?v=Io0fBr1XBUA

2018年12月1日土曜日

バラ色の眼鏡

日本語で「色眼鏡で見る」と言うと、偏見をもって見るという意味で物事を悪い方に解釈する姿勢を表します。英語にはこれに似た「バラ色の眼鏡で見る (look through rose-colored glasses)」という表現があります。これは先の表現とは反対に、楽観的に見るという意味で物事を良い方に解釈する姿勢を表します。似てるけど、ほぼ反対の意味の表現が日本語と英語の間にあるのは面白いですね。ちなみに偏見をもって見るという意味の英語は look with a prejudice です。人種や性別による負のバイアスはアメリカにも存在します。