ご案内

このサイトでは、シリコン・バレーでアメリカのIT企業に30年以上勤めるMasaが、仕事に使う道具としての英語の習得法をあなたに教えています。英語はスポーツと同じで練習すれば誰でも上手になります効果的な練習方法は知りたい人は、まず右下の無料アプリ「IT英語」をダウンロードして読むか、iBooksにある無料のIT英語」を読むか、あるいは一般の人向けにキンドル本になった「知って得する英語練習法」をキンドル又はキンドル・アプリで読んでください。英語は翻訳するものではありません英語ができる人は日本語と英語のどちらでも言いたいことが言えます。Masaはシリコン・バレーでソフトウェア・エンジニアとして働く一方、英語で英語を教えるアメリカの教育者向けトレーニングも受講し修了しています。英語でさんざん苦労したMasaはあなたが何を間違えているかが良く分かります。文法と単語と発音を知っているだけでは英語を使えるようにはなりません。大事なのは英語表現をカタマリとして覚えることなので、これに役立つ練習方法を手に入れましょう。

2019年2月16日土曜日

Source of Truth

日本語に訳しにくい英語表現がsource of truthです。例えば複数の人がひとつの共有ファイルを編集する時、各自がコピーを作って勝手に変更してしまうと、どれが正式版なのか分からなくなります。この正式版に相当するのがsource of truthです。直訳すると「真実の源」となります。似たようなデータが複数あると当然どれを使えば良いのかが問題になります。この場合は誰かがsource of truthを決めなければいけません。日本の年金記録問題のようにsource of truthが存在しない事もあります。その場合はsource of truthを作り直す必要があります。

2019年2月8日金曜日

Couldは9割仮定法

日常会話で出くわす could はほとんどが仮定法です。例えば You couldn't look any better というのは、「どうがんばってもこれ以上良く見えない」という事なので、「あんたが最高」という意味です。過去に自分が何かをする事が出来たという意味で使うなら、could ではなく was able to を使います。英語話者は could を9割仮定法として使うので、仮定法以外に could を使うのは例外的な使い方です。興味のある方はこちらの記事[^1]がおすすめです。

^1: https://style.nikkei.com/article/DGXMZO39220550Q8A221C1000000

2019年2月3日日曜日

霧雨

今日のお天気は霧雨です。霧雨は英語だと drizzle です。It drizzles today. のように rain の代わりに使います。ついでに土砂降りは drench で、夕立のような突然の強い雨を downpour と言います。でも rain だけ覚えておけば、それぞれ light rain, heavy rain, sudden rain で代用できます。テレビのお天気キャスターは気象の専門家なので、 お洒落に drizzle だの downpour を使います。お天気ニュースを視て分からない単語が出てきたら、英語のお天気サイトで確認しましょう。ちなみに日本の天気も外国人向けに英語で説明しています。例えば https://weather.com/ に行って知りたい場所を指定すれば、そこの天気予報が英語で出てきます。

2019年1月26日土曜日

靴の落ちる音

Wait for the other shoe to drop という英語表現があります。アパートの上の階の人がベッドで寝るとき、その人はどうするかと言うと、まずベッドに腰掛けて靴を片方脱ぎます。この靴を床に落とすので、その音が階下の人にも聞こえます。次にもう片方の靴を脱いでやはり床に落とすので、この音は必ず二回聞こえますね。何か必ず対になって起きる事柄AとBがある場合、Aが起きたらBも起きると覚悟せよというのがこの表現の意味です。“They laid off a couple of people at work today. Now we’re all just waiting for the other shoe to drop.” のように、だいたい悪い事を期待する場合に使います。

2019年1月20日日曜日

今年こそ英語を

英語の発音を気にする日本人はたくさんいます。英語の発音は体で覚える運動技術です。要はひたすらシャドー・スピーキングでモノマネの練習をすれば上手になります。でも自分の言いたい事を言う時に、和文英訳をやってはいけません。和文英訳をするとおかしな英語になり、また時間がかかるのでタイミング良く発言できません。そのうえ英語は語順がびしっと決まっていて、主語・述語・目的語の順に話さなければいけません。この語順から外れると、いくらあなたの発音が上手くても通じません。日本語は目的語から始めるので、単語だけ英語にして目的語から英語を話し始めると、これまた通じません。その場の状況に応じて自分の言いたい事に最も近い英語表現を、過去に聞いた英語から探し出して、そのまま口にするのが英語を話すという行為です。このためには、普段から独り言を英語で言う練習をします。シャドー・スピーキングで英語表現を覚えて、次にそれを使った独り言を言う練習をするだけで英会話はみるみる上達します。嘘だと思うなら、この練習を1年間毎日1時間続けてみて下さい。通勤通学の時間も使えば、毎日1時間は決して難しくありません。

2018年12月16日日曜日

英語練習用映画

英語の練習に使う映画は主に3種類あります。まず12歳以下が主な顧客層となる、ディスニーのアニメーション映画です。これは基礎練習にぴったりの映画で、まずこれを10本視ましょう。次に13歳から18歳までが主な顧客層となる、ヤングアダルト映画があります。この映画は本数が少ないので、5本視れば十分です。それから大人が視る一般の映画に移ります。これは一番本数が多く、内容も豊富なので練習にはもってこいです。この映画を最低10本視ます。その後は映画以外にドキュメンタリーなど自分の好みに応じて映像作品を選びます。映像を視ながら英語を遅れずに頭の中で繰り返せれば、この練習は完了です。

2018年12月9日日曜日

ドレミダ

The Chainsmokers の Don’t Let Me Down [^1]という歌を聴くと、「ドレミダ」と聞こえます。これはドレミダと聞こえるのが正しいのです。決してドント・レット・ミー・ダウンとは聞こえません。つまり Don’t Let Me Down を速く発音するとドレミダになり、逆にドレミダと聞こえたら、ああ Don’t Let Me Down だなと思えば良いのです。言語は耳に聞こえた通りに素直に覚える事が大切で、その音に出来るだけ自分の発音を似せましょう。カラオケと同じで、何度も曲を聴いてその音を真似します。モノマネが上手い人ほど英語も速く上達します。これは歌に限らずラジオや映画でもできる発音の練習です。

^1: https://www.youtube.com/watch?v=Io0fBr1XBUA

2018年12月1日土曜日

バラ色の眼鏡

日本語で「色眼鏡で見る」と言うと、偏見をもって見るという意味で物事を悪い方に解釈する姿勢を表します。英語にはこれに似た「バラ色の眼鏡で見る (look through rose-colored glasses)」という表現があります。これは先の表現とは反対に、楽観的に見るという意味で物事を良い方に解釈する姿勢を表します。似てるけど、ほぼ反対の意味の表現が日本語と英語の間にあるのは面白いですね。ちなみに偏見をもって見るという意味の英語は look with a prejudice です。人種や性別による負のバイアスはアメリカにも存在します。

2018年11月3日土曜日

単語数

日本の中学生は1500語の英単語を習い、高校生は3000語の英単語を習います。合わせて4500語です。大学に入った時点で5000語を知っていれば上々です。これに較べると、アメリカの小学1年生が知っている単語数は6000語です。つまり日本の大学1年生は、アメリカの小学1年生に英語の単語数でかないません。これはなぜかと言うと、アメリカの学生は英語で英語算数理科社会を習うのに対して、日本の学生は英語で英語のみを習うからです。つまり日本だと算数理科社会で使う英単語がスッポリ抜け落ちています。それに日常生活で使う表現も学校では習いません。For here or to go? という簡単な質問も、その意味を知らなければ食べ物が買えません。単語数では勝てないので、日本人は少ない単語を組み合わせて作る多彩な表現を知る必要があります。

2018年10月27日土曜日

テニスから得たもの

Masaはむかしテニスを習ったことがあります。テニスのコーチは、コートの上でこちらが下手なボールを打っても上手に打ちやすい場所に返してくれるので、ラリーが続きます。その上コーチの身のこなしやラケットさばきも見て真似できるので、やはり「壁打ち」で練習するのとは大違いです。同じ事は英語の会話練習にも言えます。英語を聴く練習は一人でも十分できます。でも話す練習は相手がいないとできません。こちらの下手な英語をちゃんと拾って、上手い英語で返してくれるコーチが必要です。Masaはそんな英語コーチを勤めています。会話は言葉のやりとりなので、一人では限界があります。下手な人どうしでは会話も上達しません。

2018年10月21日日曜日

Song Lyrics

英語の歌を聴くとき、その英語の歌詞を見ながらやると良い練習になります。最近はスマホのアプリで色々な英語の歌を聴くことができます。例えばAmazon MusicならX-Ray Lyricsというボタンでカラオケみたいな歌詞が出てきます。英語の歌は発音が会話とは違うし、聞き慣れない単語も出てきます。でも英語の文章として見ながら聴けば理解できるし、一緒に(声に出さずに)歌う事も出来るでしょう。電車の中でもできる、発音の良い練習になります。

2018年10月4日木曜日

聞き返す技術

英語で言われた事が理解できない時、repeat をお願いしてはいけません。同じ事を同じ英語で言われても分からないので、まず自分が分かった範囲を伝えてから、分からない部分を質問しましょう。英語では話し手に説明義務があります。自分が分からないのは話し手の説明が不十分だからです。聞き手の義務は納得いくまで質問する事です。You said xyz, but what is xyz? のように何が不明かを教えないと、いつまでたっても分からないままです。繰り返しを避けるには、Could you say it again? という質問も有効です。こう訊かれると、話し手は別の言い方で同じ事を説明しようとします。この方が Could you repeat it again? よりも実際の役に立ちます。さらにWhat did you say?と言えば、話し手の言い方が悪いから分からない、という聞き手の不満も質問に含める事ができます。

2018年9月23日日曜日

動機と成果

英語の学習に限らず、物事の習得にはその動機と成果の間に強い正の相関があります。強い動機があれば誰でも短期間で成果が得られます。例えば英語を使わないと生きていけない環境に放り込まれたら、どんな人も3ヵ月で英語の達人になります。たとえ身振り手振りでも意思疎通ができなければ死んでしまう環境において、言語の習得は命の次に大事な活動になります。日本にいる人がこうした環境に進んで身を置くことはまずありません。だからもし留学するなら日本人の少ない場所を選び、最低3ヵ月英語に没頭しなければお金と時間の無駄です。東京の「英語村」[^1]も何らかの気づきには役立つでしょうけど、あれで子供の英語が上手くなる事はありません。それより親の努力と子供への動機付けの方がはるかに大切です。親が手本を示さなければ子供は付いてきません。

^1: https://tokyo-global-gateway.com/

2018年9月15日土曜日

単語より表現

英語の単語を覚える方法はたくさんあります。その中で一番効果的なのが、単語を表現の一部として覚えるという方法です。つまり単語帳を作って覚えるのではなく、セリフのひとつとして覚えるという事です。例えば mind という単語があります。これには色々な意味があって、なかなか覚えるのが難しい単語のひとつです。でも How did you read my mind? という表現があります。これは「どうして分かったの?」という日本語に相当します。「どうやって私の心を読んだの?」という意味です。この表現では mind は心を表します。例えばちょうどお菓子を食べたい思った時に誰かがお菓子をくれたら、How did you read my mind? と言えば感謝と驚きを表せます。この表現はぜひ覚えてきましょう。

2018年9月9日日曜日

Hidden Brain

NRP Radio’s Podcast に Hidden Brain [^1]という番組があります。先日の放送で Bullshit Jobs というお話がありました。その内容がとっても面白かったので、ここでご紹介します。Bullshit というのは直訳すれば牛の糞という事、でも通常は「バカバカしいもの」とか「ガラクタ」という意味です。下品な言葉なので、略して「BS」といいます。世の中には無駄な仕事が多々あり、お金はもらえるけどやっている人は「無意味な仕事」なのでやる気も起きません。組織の長は部下の数で評価されるから無駄に人を増やすとか、雇われた人は時間給だからあえて効率良く仕事する必要はないとか、誰も読まない無価値な報告書を作る仕事が多いとか、刑務所の囚人ですら何もしないよりも洗濯する仕事を喜ぶなど、身につまされる話がいっぱいでした。サラリーマンの方にお勧めです。

^1: https://www.npr.org/podcasts/510308/hidden-brain

2018年8月25日土曜日

外国語を学ぶには

外国語と日本語の間に本質的な違いはありません。どちらも音を基本に自分の意思や気持ちを伝える道具です。その学び方も同じで、ただひたすら人の真似をして覚えます。人間の脳には、見たり聞いたりした事を頭の中で真似する能力があり、言語の学習[^1]に役立っています。皆さんが日本語を聞いている時、脳の中では聞いた言葉を自分でも繰り返しています。これは無意識に行われるので普段気付きません。これを意識的にやるのがシャドウ・スピーキングという練習法です。日本語でも人の話を聞きながらそれを頭の中で意識的に繰り返すと、より一層その話を覚えることができます。外国語でも同じで、見たり聞いたりした事を頭の中で真似する練習が一番効果的です。

^1: https://www.amazon.co.jp/dp/479739532X

2018年7月22日日曜日

英語は運動

このサイトで繰り返し強調している事です。英語は学問ではありません。英語は体を動かす運動で、例えば水泳を習うのと同じです。水泳を習うのに教科書や教師は要りませんね。必要なのは実際にプールであなたが泳ぐことです。指導者はコーチとして効率の良い練習方法を教えます。水に浮く方法とか、手や足の動きの基本だけ教えてもらえば、後はひたすら自分の体を動かして練習します。泳ぎのうまい人をみつけて、その動きを真似します。無意識に手足が動いて泳げるようになるまで練習します。英語もこれと同じです。無意識に英語で会話ができるようになるまで練習します。教科書や教師は要りません。必要なのは効率の良い練習方法を教えてくれるコーチです。学校で英語を学ぶだけでは会話はできません。必要なのは英語の動きを真似する練習です。

2018年7月14日土曜日

2歳児が泣く理由

自分の子育ての経験から言うと、2歳児は自分の意思を言葉で外部に伝える事ができない為に不満がたまり、大声を出したり泣いたりします。とくに夕方になると子供にも疲れが溜まって我慢ができなくなり、泣く事が多かったと記憶しています。3歳になると言葉を話せるようになり、自分の感情や不満を言葉で表現できるようになるので、こうした「迷惑行動」がぐっと減ります。2歳児にとって言葉を習得するのは簡単ではありません。その苦労を覚えていないだけで、幼児にとっても母国語の習得は容易ではなく、ただ毎日たっぷり時間を使って周りの人の真似をしながら覚えていきます。大人も同じで、毎日どれだけ時間を使って他人のモノマネができるかが習得のカギです。今あなたが日本語を話せるのは、子供の頃にたくさん日本語を練習したからです。

2018年7月2日月曜日

いつの間にか、は無い

某大学の宣伝文句で「いつの間にか、英語を話していた」というものを東京の電車の中で見かけました。これを真に受ける学生がいると困りますね。2歳の子供と違って、18歳の大人は積極的に英語を練習しないと話せるようになりません。「いつの間にか」というワケにはいかないのです。もちろん「いつの間にか」という表現には複数の解釈があるので、「苦労せずに」という意味だとは限りません。それに大学の授業を全部英語でやるというなら可能性は大ありです。でもそうならそういう宣伝をするはずです。当たり前ですが、意識して英語を使わないと英語は身に付きません。

2018年6月29日金曜日

スマホとイヤホンをお持ちなら

東京で電車に乗るとイヤホンで何か聴きながら通勤・通学する人がたくさんいます。もし貴方が音楽を聴きながら電車に乗るタイプなら、楽に英語の練習時間を増やす方法があります。音楽のかわりに英語のポッドキャストを聴くのが良い練習になります。さらにただ聴くだけでなく、心の中で英語を聴いたそばから繰り返すというシャドーイングをすると効果倍増です。BBC 6 Minute English [^1]とかTED Radio Hour [^2]などがおすすめです。途中に日本語が出てこない、最初から最後まで英語のみのポッドキャストを選んで下さい。上の二つが難しいという人は、NHK World Radio Japan [^3]から始めると良いでしょう。パソコンでも以下のリンクから聴くことができます。

^1: http://www.bbc.co.uk/learningenglish/english/features/6-minute-english
^2: https://www.npr.org/programs/ted-radio-hour/
^3: https://www3.nhk.or.jp/nhkworld/en/radio/about/