ご案内

このサイトでは、シリコン・バレーで複数のIT企業に30年勤めたMasaが、仕事に使う道具としての英語の習得法をあなたに教えています。英語はスポーツと同じで練習すれば誰でも上手になります効果的な練習方法を知りたい人は、まず右下の無料アプリ「IT英語」をダウンロードして読むか、iBooksにある無料のIT英語」を読むか、あるいは一般の人向けにキンドル本になった「知って得する英語練習法」をキンドル又はキンドル・アプリで読んでください。英語は翻訳するものではありません英語ができる人は日本語と英語のどちらでも言いたいことが言えます。Masaはかつてシリコン・バレーでソフトウェア・エンジニアとして働きながら、英語で英語を教えるアメリカの教育者向けトレーニングも受講し修了しています。英語でさんざん苦労したMasaはあなたが何を間違えているかが良く分かります。文法と単語と発音を知っているだけでは英語を使えるようにはなりません。大事なのは英語表現をカタマリとして覚えることなので、その方法を知りたい方はMasaにメールしてください。東京23区内を中心にプライベート・レッスンを承っております。海外留学や駐在予定の方にもお勧めです。

受講者の声

☆東京23区内でお会いできる方は、ストアカゼヒトモも利用できます☆

生徒さんの声1:
「DVDを使ったクラスは始めてだったので、最初はこれで大丈夫だろうかと思いました。でも半年ぐらいで俳優の言う事が聞き取れるようになると、映画の内容も面白いのでクラスに来るのが楽しくなりました。シャドウ・スピーキングは難しいけど、聴く練習と話す練習の両方に役立ちました。」

生徒さんの声2:
"I really appreciate that you taught me such enjoyable ways to learn English. Although I wasn't a very diligent student, I still learned a lot of new words and phrases. After 15 months of learning, I have found myself not being too shy talking to a native speaker. You have proved learning English after a certain age is possible. I am sure you'll encourage many more students of yours in Japan. I wish you the best of luck!!"

2019年6月26日水曜日

プライベート・レッスンにする理由

英語に自信のない人は他の日本人の前で英語を話す勇気がありません。たとえ仲の良い友人であっても、ためらう人がほとんどです。それに複数だと話し好きの人がより長くしゃべってしまうので、英語を話す時間が偏ってしまいます。複数の生徒を相手にするよりもひとりの生徒を相手にした方が密度の濃いレッスンができるので、生徒の満足度も上がります。Masaがプライベート・レッスンだけを受け付けるのは、これが理由です。教師ではなく生徒の効率を考えると、個人授業が最良の選択となります。

2019年6月19日水曜日

なぜ日本人は英語が下手なのか

理由は簡単で、日本に住む限り英語は必要ないからです。必要ないから使わない、使わないから上達しないという単純な構図です。日本は明治時代にイギリスやフランスの植民地化を防いだので、日本で外国語を使う必要がないのです。日本の独立を守った事が日本語を守りました。さて時代は変わって多くの仕事で外国語が必要になりました。その中でも英語は一番需要の多い言語で、ビジネスの世界で一番広く使われています。人口の減る日本ではなく、人口の増えるインドやアメリカを相手にしないと売り上げは増えません。そこで思い切って「日本にいても英語を使う」という決心をすれば英語が上達します。英語はスポーツと同じで練習量が大切です。毎日1時間で3年かけるか、毎日3時間で1年練習すればほぼ1000時間となり、仕事で使える英語になります。どんな練習をすれば良いかはMasaに尋ねてください。

2019年6月14日金曜日

AFN 360

American Forces Networkをご存じですか、いわゆる米軍放送ですね。AM放送だけでなく、インターネット[^1]でも聴くことができます。Masaが仕事英語を学び始めた当初は、これを聴いてもまったく意味が分かりませんでした。今から30年以上前の話です。今ではほぼ100%分かります。こうした放送を聴いてその意味を分かるには色々な知識が必要です。使われる単語の意味やその組み合わせの結果として生まれる表現の意味を知っているだけでなく、アメリカの文化や軍事用語も知っている必要があります。こうした知識は一朝一夕に身につく物ではありません。でも音楽を中心とする放送なので、BGMとして毎日聞き流す事を勧めます。知らない単語や表現は、その音をメモして知っていそうな人に尋ねましょう。身近にそんな人がいないならMasaにメールで尋ねてください。

^1:https://www.afnpacific.net/AFN-360/

2019年6月8日土曜日

ストアカに先生登録しました

日本に6月に帰国しましたので、直接Masaからレッスンを受けたい方はこちらのストリート・アカデミーをご利用になるか、または右のメール先までご連絡下さい。今は東京23区内でお会いできる方を対象としています。ストアカの教師として本人確認済みです。

Thank you for the following photographers who allowed me to use their works for free on my street-academy page:
  1. Free-PhotosによるPixabayからの画像
  2. FotownetrzaによるPixabayからの画像
  3. Michal JarmolukによるPixabayからの画像
  4. TumisuによるPixabayからの画像

2019年6月3日月曜日

a long story short

これは「手短に言えば」に相当します。長々と説明するかわりに結果だけ知らせる時に使う枕詞です。これ自身が「to make (cut) a long story short」の略です。会話だと「a long story short」だけで伝わります。よく使う表現ですので、覚えておいて損はありません。この反対に「もっと詳しく説明すると」と言いたい場合は、「to elaborate」とか「to describe in detail」と言います。