ご案内

このサイトでは、シリコン・バレーでアメリカのIT企業に30年以上勤めるMasaが、仕事に使う道具としての英語の学習法をあなたに教えています。英語はスポーツと同じで練習すれば誰でも上手になります効果的な練習方法は知りたい人は、まず右下の無料アプリ「IT英語」をダウンロードして読むか、iBooksにある無料のIT英語」を読むか、あるいは一般の人向けにキンドル本になった「知って得する英語練習法」をキンドル又はキンドル・アプリで読んでください。英語は翻訳するものではありません英語ができる人は日本語と英語のどちらでも言いたいことが言えます。Masaはシリコン・バレーでソフトウェア・エンジニアとして働く一方、英語で英語を教えるアメリカの教育者向けトレーニングも受講し修了しています。英語でさんざん苦労したMasaはあなたが何を間違えているかが良く分かります。文法と単語と発音を知っているだけでは英語を使えるようにはなりません。大事なのは英語表現をカタマリとして覚えることなので、これに役立つ練習方法を広めています。

2014年2月23日日曜日

テレビ番組

筆者が英語を本格的に学び始めたのは大学を出て外資系の会社に就職してからです。実をいうと英語は中学以来嫌いな科目でした。覚える事が多いうえ普段あまり必要ないし、最後は通訳を雇えばいいかという甘い考えを持っていました。ところが高給につられて外資系の会社に入ってしまったものですから、英語のマニュアルは読まなければいけないし、アメリカへの出張もあります。そこで会社の有志の方の集まりに入れてもらい、週に一回近くの米軍基地に住むアメリカ人の家族の所へ車で出かけて、ナマの英会話を教えてもらいました。これは一年ぐらい続きましたけど、あまり役に立ったという記憶がありません。どうしても他の英語が得意な人が話してしまうので、筆者のように英語を話せなかった人間はもっぱら聞き役に回ってしまうのです。それに相手のアメリカ人の奥さんも英語を教える訓練を受けた人ではないので、効果的に英語を教える技術を持っていませんでした。ある日そのお宅で60 Minutesというテレビ番組を見て、何を言っているのかさっぱり分からなかったという苦い思い出もあります。今ではもちろん分かりますけど、これは時事問題を掘り下げる報道番組なので、英語以前にアメリカの時事問題を知らなかったというのが真相です。普段から英語のニュースを追いかけていないと分からない番組です。もしアメリカのテレビ番組で英語を学ぶなら、俗に「ソープオペラ」と呼ばれる他愛もないドラマから始めるのが簡単です。どこにでもあるような人間関係を扱うドラマなので、時事問題は出てきません。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。