ご案内

このサイトでは、シリコン・バレーでアメリカのIT企業に30年以上勤めるMasaが、仕事に使う道具としての英語の習得法をあなたに教えています。英語はスポーツと同じで練習すれば誰でも上手になります効果的な練習方法は知りたい人は、まず右下の無料アプリ「IT英語」をダウンロードして読むか、iBooksにある無料のIT英語」を読むか、あるいは一般の人向けにキンドル本になった「知って得する英語練習法」をキンドル又はキンドル・アプリで読んでください。英語は翻訳するものではありません英語ができる人は日本語と英語のどちらでも言いたいことが言えます。Masaはシリコン・バレーでソフトウェア・エンジニアとして働く一方、英語で英語を教えるアメリカの教育者向けトレーニングも受講し修了しています。英語でさんざん苦労したMasaはあなたが何を間違えているかが良く分かります。文法と単語と発音を知っているだけでは英語を使えるようにはなりません。大事なのは英語表現をカタマリとして覚えることなので、これに役立つ練習方法を手に入れましょう。

2016年7月2日土曜日

なんじゃこりゃ

いま東京にいます。山手線に乗ってたところ、別の路線で急病人が出て遅れが出てるということで、車両の液晶テレビに日本語と英語で説明がありました。その英語が「なんじゃこりゃ」というお話です。まずLineとしてJoban Lineというのは冗長ではあるものの、表現としては良いでしょう。Jobanだけでも十分です。次のDirectionはInbound lineとなっていて、多分「のぼり」という事を言いたいのだと思います。ここもlineは不要です。英語式には路線の終着駅名を使って、For Nipporiとするのが普通です。その次のStatusはDelayとなっていて、ここから明らかにヘンになってます。Statusを表すのは形容詞なので、ここはDelayedとするのが正しい表現です。そして極めつけは最後のCauseです。なんとPerson Reliefとなっています。これはまったく意味不明な英語表現です。Person Reliefを検索してみれば、こんな表現が世の中にないことぐらいすぐ分かります。急病人が原因なので、これはA Medical Emergencyが普通です。和文英訳で世の中にない英語表現を作りだしても、外国人に通じなければ意味がありません。運行にまつわる既存の英語表現をちゃんと調べてから使ってください、と言いたいところです。成田空港に行って運行情報の掲示板を見れば分かります。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。