ご案内

このサイトでは、シリコン・バレーでアメリカのIT企業に30年以上勤めるMasaが、仕事に使う道具としての英語の習得法をあなたに教えています。英語はスポーツと同じで練習すれば誰でも上手になります効果的な練習方法は知りたい人は、まず右下の無料アプリ「IT英語」をダウンロードして読むか、iBooksにある無料のIT英語」を読むか、あるいは一般の人向けにキンドル本になった「知って得する英語練習法」をキンドル又はキンドル・アプリで読んでください。英語は翻訳するものではありません英語ができる人は日本語と英語のどちらでも言いたいことが言えます。Masaはシリコン・バレーでソフトウェア・エンジニアとして働く一方、英語で英語を教えるアメリカの教育者向けトレーニングも受講し修了しています。英語でさんざん苦労したMasaはあなたが何を間違えているかが良く分かります。文法と単語と発音を知っているだけでは英語を使えるようにはなりません。大事なのは英語表現をカタマリとして覚えることなので、これに役立つ練習方法を手に入れましょう。

2016年3月26日土曜日

無料相談始めました

英語でお悩みの方へ。Masaはこのたび無料相談を始めました。シリコン・バレーにお住まいの方なら直接会うことができますし、日本の方ですとスカイプで話すか、またはメールで英語練習のご相談を承ります。まずは右のアドレスまでメールでお知らせください。日本の英語教育を受けたMasaは、日本人がなぜ英語下手なのかよく分かります。ちょっとした勘違いの積み重ねがあなたの英語嫌いの原因です。教養としての英語ではなく、仕事や生活に必要な道具としての英語を身に付ける方法を無料で教えます。

2016年3月20日日曜日

子供の英語

日本人が学校で学ぶ英語はほぼ大人の英語です。ところが英語を話す国には、子供しか使わない単語や表現があります。例えば大人なら「お手洗いに行く・I go to the bathroom」と言うところを、子供は「おしっこ・I got to pee」と言います。例えばフォレスト・ガンプというアメリカ映画にこの「I got to pee」が出てきます。主人公のフォレスト・ガンプが使う子供っぽい英語表現です。大人はあまり「pee」という単語を使わないので、マサもアメリカで子供を育てるまでは知りませんでした。ちなみに大きい方は「poop」です。これも大人だともっと無機的に「BM・bowel movement」と表現します。

2016年3月1日火曜日

練習を続ける

アメリカ映画界はアカデミー賞の季節です。皆さんは英語の映画を使った練習を続けていますか。本を読むだけでは英語は上達しません。でも英語はスポーツと同じで、練習すればするほど上手くなります。英語の映画を使った練習方法はこのサイトで何度も取り上げました。英語の字幕を見て意味を理解する、字幕を見ながら同じ速さで英語のセリフを真似する、さらに字幕を消して音だけに集中して英語のセリフを真似するという三段階方式です。まず去年のアカデミー賞の候補になった映画をレンタルして練習しましょう。本を読んでサッカーが上手くなる人がいないように、本を読んで英語が上手くなる人はいません。ただひたすら英語の表現を身に付ける練習をするだけです。その中でも特に映画を使った練習は一人でも楽しみながらできます。