ご案内

このサイトでは、シリコン・バレーでアメリカのIT企業に30年以上勤めるMasaが、仕事に使う道具としての英語の習得法をあなたに教えています。英語はスポーツと同じで練習すれば誰でも上手になります効果的な練習方法は知りたい人は、まず右下の無料アプリ「IT英語」をダウンロードして読むか、iBooksにある無料のIT英語」を読むか、あるいは一般の人向けにキンドル本になった「知って得する英語練習法」をキンドル又はキンドル・アプリで読んでください。英語は翻訳するものではありません英語ができる人は日本語と英語のどちらでも言いたいことが言えます。Masaはシリコン・バレーでソフトウェア・エンジニアとして働く一方、英語で英語を教えるアメリカの教育者向けトレーニングも受講し修了しています。英語でさんざん苦労したMasaはあなたが何を間違えているかが良く分かります。文法と単語と発音を知っているだけでは英語を使えるようにはなりません。大事なのは英語表現をカタマリとして覚えることなので、これに役立つ練習方法を手に入れましょう。

2015年7月25日土曜日

教養としての英語

最近読んだ本[^1]に面白い指摘がありました。義務教育で英語を教える事にした時、当時の日本ではほとんどの人が英語を話す必要がありませんでした。今から60年ぐらい前の話です。ところが義務教育ですから、すべての人に同じレベルの教育を受けさせる必要があります。そこで文部省が編み出したのが「教養としての英語」です。英米文学作品を読むという方法で英語を学び、教養としての英語を義務教育としたのです。教養なので「英語での読み書き」を全員が学びます。英語を話す必要がある人は少数なので、その人たちは英会話学校に行くことにしました。今でもそうした考え方で育った英語教師が教育の中心にいるので、急に「会話重視」と言われても困ります。それにクラスに40人も生徒がいたら、とうてい会話の練習などできません。下手な生徒どうしで英語で会話させても練習になりません。日本人が英語を話せない理由は昔の文部省の古い方針にあるのです。

^1: http://www.amazon.co.jp/dp/4327378216

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。