ご案内

このサイトでは、シリコン・バレーでアメリカのIT企業に30年以上勤めるMasaが、仕事に使う道具としての英語の習得法をあなたに教えています。英語はスポーツと同じで練習すれば誰でも上手になります効果的な練習方法は知りたい人は、まず右下の無料アプリ「IT英語」をダウンロードして読むか、iBooksにある無料のIT英語」を読むか、あるいは一般の人向けにキンドル本になった「知って得する英語練習法」をキンドル又はキンドル・アプリで読んでください。英語は翻訳するものではありません英語ができる人は日本語と英語のどちらでも言いたいことが言えます。Masaはシリコン・バレーでソフトウェア・エンジニアとして働く一方、英語で英語を教えるアメリカの教育者向けトレーニングも受講し修了しています。英語でさんざん苦労したMasaはあなたが何を間違えているかが良く分かります。文法と単語と発音を知っているだけでは英語を使えるようにはなりません。大事なのは英語表現をカタマリとして覚えることなので、これに役立つ練習方法を手に入れましょう。

2014年4月26日土曜日

仮定法過去

英語の文法で大切なのは、語順と時制と仮定法です。その仮定法の中でも一番よく使うのが仮定法過去です。人に何かを頼む時は、必ず would や could で始まる仮定法過去の疑問文を使います。「Would you show me an example?」とか「Could you pass me the salt?」はご存知でしょう。人にお願いする時に仮定法過去を使うのは、「もし良かったら」という相手へのいたわりの気持ちを表すためです。「もし良かったら、お茶しませんか」と言ってナンパするのと同じです。過去形を使う事で、直接的な表現をより間接的な表現に変えています。それから現実には起きなかったけど、もし起きてたらどうするかという話でもよく使います。「I would vote for it if I had a chance.」というのは「機会があれば賛成したのに」という意味の英語表現です。現実には「機会がなかった」から「賛成しなかった」ということです。「〜たら」とか「〜れば」という動詞の形を日本語文法でも用言の仮定形といいます。「賛成したのに」というのは日本語でも過去形ですね。「機会があったら賛成したのに」とすると英語と同じ形になります。こうした仮定法過去は仮定法使用例の約80%を占めているので、まずこれを練習して身につけましょう。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。