ご案内

このサイトでは、シリコン・バレーでアメリカのIT企業に30年以上勤めるMasaが、仕事に使う道具としての英語の習得法をあなたに教えています。英語はスポーツと同じで練習すれば誰でも上手になります効果的な練習方法は知りたい人は、まず右下の無料アプリ「IT英語」をダウンロードして読むか、iBooksにある無料のIT英語」を読むか、あるいは一般の人向けにキンドル本になった「知って得する英語練習法」をキンドル又はキンドル・アプリで読んでください。英語は翻訳するものではありません英語ができる人は日本語と英語のどちらでも言いたいことが言えます。Masaはシリコン・バレーでソフトウェア・エンジニアとして働く一方、英語で英語を教えるアメリカの教育者向けトレーニングも受講し修了しています。英語でさんざん苦労したMasaはあなたが何を間違えているかが良く分かります。文法と単語と発音を知っているだけでは英語を使えるようにはなりません。大事なのは英語表現をカタマリとして覚えることなので、これに役立つ練習方法を手に入れましょう。

2014年3月18日火曜日

バイリンガルへの道

我が子をふたつの言葉が話せる子供(バイリンガル)に育てるのは簡単ではありません。子供は身の回りの子供や大人の言葉を真似しながら次第に言葉を覚えます。家で親が日本語を使えば子供は日本語を話せるようになります。もし両親のうち片方が日本語で、もう片方が英語で子供に話しかければ、言葉を覚えるのは少し遅くなるものの、日本語と英語の両方が理解できる子供になります。我が家はアメリカで暮らしたので、家の中では日本語、外では英語というルールで子供を育てました。また家の中でもその場に日本語を知らない人がいる場合は英語と決めました。それでも筆者のふたりの子供は2歳になるまで日本語だけで育ったので、現地の保育園にいくようになって急に英語の環境に放り込まれた時は、いやいやながら毎朝保育園に置いてかれて英語を身につけて行きました。学校も現地校で英語を学び、週2回の日本語学校で日本語や漢字を学びました。アメリカは生きて行く上で日本語を必要としない環境なので、子供はなぜ日本語を学ぶのか分かりません。そのため筆者は日本語の漫画やアニメを選んでよく子供に見せました。「日本昔ばなし」とか「ドラえもん」が子供の学習にとっても役に立ちました。日本の幼児教育で英語を学ばせても、英語で友達と遊んだり親と話す環境がなければその子はすぐ英語を忘れてしまいます。生きて行く上で英語を必要としない環境では、子供はなぜ英語を学ぶのか分かりません。英語が不得手な親がせめて子供には英語をと思う気持ちはよく分かるので、それなら英語の漫画やアニメを子供に毎日見せて、親も子供と一緒に英語を学ぶのが良いと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。