ご案内

このサイトでは、シリコン・バレーでアメリカのIT企業に30年以上勤めるMasaが、仕事に使う道具としての英語の学習法をあなたに教えています。英語はスポーツと同じで練習すれば誰でも上手になります効果的な練習方法は知りたい人は、まず右下の無料アプリ「IT英語」をダウンロードして読むか、iBooksにある無料のIT英語」を読むか、あるいは一般の人向けにキンドル本になった「知って得する英語練習法」をキンドル又はキンドル・アプリで読んでください。英語は翻訳するものではありません英語ができる人は日本語と英語のどちらでも言いたいことが言えます。Masaはシリコン・バレーでソフトウェア・エンジニアとして働く一方、英語で英語を教えるアメリカの教育者向けトレーニングも受講し修了しています。英語でさんざん苦労したMasaはあなたが何を間違えているかが良く分かります。文法と単語と発音を知っているだけでは英語を使えるようにはなりません。大事なのは英語表現をカタマリとして覚えることなので、これに役立つ練習方法を広めています。

2014年1月5日日曜日

カセット・テープ

サラリーマンになって英語が必要になった時、会社の人事教育係から英語の教材を紹介されました。カセット・テープが中心の教材を給料天引きで買い、6ヶ月やり続ければ会社から半額の補助が出るという条件でした。ところが筆者はあえなく最初の1ヶ月でギブアップ。理由は簡単です。カセットの内容がちっとも面白くないからです。自分の知りたい事や仕事についての英語ならやる気もでます。ところが全く関係ない日常会話から始まったので、全然興味が持てなくてすぐ止めてしまいました。英語を学ぶとき、面白い教材を使えるかどうかが成功のカギです。世の中に英語教材を売る会社はたくさんあります。でも自分にとって面白い教材というのはまずありません。そのかわりインターネットで英語のビデオや新聞が手軽に使える今では、もはや英語教材はお金を出して買うものではないでしょう。例えば面白いアメリカ映画は最高の教材です。無味乾燥な英語教材にお金を使うのは止めて、好きな映画を英語で視ましょう。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。