ご案内

このサイトでは、シリコン・バレーでアメリカのIT企業に30年以上勤めるMasaが、仕事に使う道具としての英語の学習法をあなたに教えています。英語はスポーツと同じで練習すれば誰でも上手になります効果的な練習方法は知りたい人は、まず右下の無料アプリ「IT英語」をダウンロードして読むか、iBooksにある無料のIT英語」を読むか、あるいは一般の人向けにキンドル本になった「知って得する英語練習法」をキンドル又はキンドル・アプリで読んでください。英語は翻訳するものではありません英語ができる人は日本語と英語のどちらでも言いたいことが言えます。Masaはシリコン・バレーでソフトウェア・エンジニアとして働く一方、英語で英語を教えるアメリカの教育者向けトレーニングも受講し修了しています。英語でさんざん苦労したMasaはあなたが何を間違えているかが良く分かります。文法と単語と発音を知っているだけでは英語を使えるようにはなりません。大事なのは英語表現をカタマリとして覚えることなので、これに役立つ練習方法を広めています。

2013年11月30日土曜日

おもてなしは英語から

流行語大賞の候補にもなっている「お・も・て・な・し」。その語源は「もてなす」であり、意味は相手を丁重に扱う事だと辞書には出ています。もし英語にするなら"service"とか"treatment"あるいは"entertainment"となるそうです。だから旅館に泊まって受けるサービスは「もてなし」の一種であり、泊まり客が満足する旅館は良い「もてなし」ができる所です。また旅館ではなく庶民の「もてなし」ともなれば、遠来の客に直接の見返りを求めずに食事や宿の世話をするのが日本の一般的な定義でしょう。遠来の客を手厚く「もてなす」のは日本だけでなく、中国やモンゴルにも似たような風習があると聞きます。日本の「おもてなし」が他の国の「guest service」とどれだけ違うかがこれから問われます。値段相応のサービスなら他国と変わりません。もし心のこもったサービスで他国と差別化したいなら、日本語を知らない外国人旅行者でも自由で安全に旅行できる国にする必要があります。それにはまず英語を話せる人を増やすのが第一歩です。7年後にオリンピックを控えた日本の「おもてなしは英語から」と筆者は思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。