ご案内

このサイトでは、シリコン・バレーでアメリカのIT企業に30年以上勤めるMasaが、仕事に使う道具としての英語の学習法をあなたに教えています。英語はスポーツと同じで練習すれば誰でも上手になります効果的な練習方法は知りたい人は、まず右下の無料アプリ「IT英語」をダウンロードして読むか、iBooksにある無料のIT英語」を読むか、あるいは一般の人向けにキンドル本になった「知って得する英語練習法」をキンドル又はキンドル・アプリで読んでください。英語は翻訳するものではありません英語ができる人は日本語と英語のどちらでも言いたいことが言えます。Masaはシリコン・バレーでソフトウェア・エンジニアとして働く一方、英語で英語を教えるアメリカの教育者向けトレーニングも受講し修了しています。英語でさんざん苦労したMasaはあなたが何を間違えているかが良く分かります。文法と単語と発音を知っているだけでは英語を使えるようにはなりません。大事なのは英語表現をカタマリとして覚えることなので、これに役立つ練習方法を広めています。

2012年11月24日土曜日

テレビの字幕

アメリカのテレビ放送には、耳の聞こえない人のためにClosed Captionという英語の字幕が必ず付き、視聴者がこの字幕を表示するかしないかを、テレビのリモコンで選びます。これは少なくとも20年前から、つまりアナログ放送のころからやっています。映像信号の表示されない部分に文字情報を載せているそうで、映画のVTRでも字幕表示ができます。ニュースも口述筆記のように実時間で字幕が付きます。当然CMにも字幕があります。日本はまだそこまでいかないようですね。アメリカだと移民が多いので、字幕は英語が聞き取れない人にも役立ちます。筆者はアメリカのテレビ放送を字幕付きで視て英語の練習をしました。日本のケーブルテレビなどでアメリカの番組を視る場合、英語の字幕は表示可能でしょうか。もし表示できればそうした番組はいい練習材料になります。Huluだと字幕を選べるそうです。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。