ご案内

このサイトでは、シリコン・バレーでアメリカのIT企業に30年以上勤めるMasaが、仕事に使う道具としての英語の習得法をあなたに教えています。英語はスポーツと同じで練習すれば誰でも上手になります効果的な練習方法は知りたい人は、まず右下の無料アプリ「IT英語」をダウンロードして読むか、iBooksにある無料のIT英語」を読むか、あるいは一般の人向けにキンドル本になった「知って得する英語練習法」をキンドル又はキンドル・アプリで読んでください。英語は翻訳するものではありません英語ができる人は日本語と英語のどちらでも言いたいことが言えます。Masaはシリコン・バレーでソフトウェア・エンジニアとして働く一方、英語で英語を教えるアメリカの教育者向けトレーニングも受講し修了しています。英語でさんざん苦労したMasaはあなたが何を間違えているかが良く分かります。文法と単語と発音を知っているだけでは英語を使えるようにはなりません。大事なのは英語表現をカタマリとして覚えることなので、これに役立つ練習方法を手に入れましょう。

2018年9月23日日曜日

動機と成果

英語の学習に限らず、物事の習得にはその動機と成果の間に強い正の相関があります。強い動機があれば誰でも短期間で成果が得られます。例えば英語を使わないと生きていけない環境に放り込まれたら、どんな人も3ヵ月で英語の達人になります。たとえ身振り手振りでも意思疎通ができなければ死んでしまう環境において、言語の習得は命の次に大事な活動になります。日本にいる人がこうした環境に進んで身を置くことはまずありません。だからもし留学するなら日本人の少ない場所を選び、最低3ヵ月英語に没頭しなければお金と時間の無駄です。東京の「英語村」[^1]も何らかの気づきには役立つでしょうけど、あれで子供の英語が上手くなる事はありません。それより親の努力と子供への動機付けの方がはるかに大切です。親が手本を示さなければ子供は付いてきません。

^1: https://tokyo-global-gateway.com/

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。