ご案内

このサイトでは、シリコン・バレーでアメリカのIT企業に30年以上勤めるMasaが、仕事に使う道具としての英語の習得法をあなたに教えています。英語はスポーツと同じで練習すれば誰でも上手になります効果的な練習方法は知りたい人は、まず右下の無料アプリ「IT英語」をダウンロードして読むか、iBooksにある無料のIT英語」を読むか、あるいは一般の人向けにキンドル本になった「知って得する英語練習法」をキンドル又はキンドル・アプリで読んでください。英語は翻訳するものではありません英語ができる人は日本語と英語のどちらでも言いたいことが言えます。Masaはシリコン・バレーでソフトウェア・エンジニアとして働く一方、英語で英語を教えるアメリカの教育者向けトレーニングも受講し修了しています。英語でさんざん苦労したMasaはあなたが何を間違えているかが良く分かります。文法と単語と発音を知っているだけでは英語を使えるようにはなりません。大事なのは英語表現をカタマリとして覚えることなので、これに役立つ練習方法を手に入れましょう。

2018年3月11日日曜日

英語は筋トレ

英語を学ぶのは筋肉トレーニングと同じです。繰り返し練習すると力が付く反面、しばらく練習をしないと力が落ちます。そこで毎日少しずつトレーニング続けると、自分でもびっくりするほど力が付きます。このトレーニングには「基礎練習」「応用練習」「維持練習」があります。基礎練習で英語練習の方法を学び、応用練習で実際に英語を使って仕事したり生活します。最後の維持練習では、せっかく身に付けた英語力を維持する方法を学びます。詳しくは右の「知って得する英語練習法」をお読み下さい。お金をかけずに英語力を身に付ける方法が分かります。

2018年3月3日土曜日

英語に浸かる時間

英語で仕事したい日本人へのお願いです。3歳から18歳までの15年間で日本語に浸かる時間は8万7千6百時間です。その1%で良いので、英語に浸かる時間を作ってください。8万7千6百時間の1%は876時間なので、365日で割れば2・4時間です。365日はムリとしても、毎日3時間英語に浸かる時間を過ごせば、292日で完了します。12ヵ月で割れば25日未満です。つまり毎週6日で毎日3時間という具合です。日本語のテレビを視るのを減らして、1年間だけ毎日3時間英語で暮らします。聴くのも話すのも読むのも書くのも英語です。そうすれば誰でも1年で仕事に使える英語のレベルになります。英語にはそのくらいの練習量が必要です。