ご案内

このサイトでは、シリコン・バレーでアメリカのIT企業に30年以上勤めるMasaが、仕事に使う道具としての英語の学習法をあなたに教えています。英語はスポーツと同じで練習すれば誰でも上手になります効果的な練習方法は知りたい人は、まず右下の無料アプリ「IT英語」をダウンロードして読むか、iBooksにある無料のIT英語」を読むか、あるいは一般の人向けにキンドル本になった「知って得する英語練習法」をキンドル又はキンドル・アプリで読んでください。英語は翻訳するものではありません英語ができる人は日本語と英語のどちらでも言いたいことが言えます。Masaはシリコン・バレーでソフトウェア・エンジニアとして働く一方、英語で英語を教えるアメリカの教育者向けトレーニングも受講し修了しています。英語でさんざん苦労したMasaはあなたが何を間違えているかが良く分かります。文法と単語と発音を知っているだけでは英語を使えるようにはなりません。大事なのは英語表現をカタマリとして覚えることなので、これに役立つ練習方法を広めています。

2017年4月22日土曜日

単語は知っているけど

英語を聴いて知っている単語ばかりなのに、なぜか全体として意味が分からないという経験がありませんか。それは大事な単語に別の意味があるか、あるいは文脈が分からないかのどちらかが原因です。例えば「rear」という単語には「後ろ」という意味とは別に「育てる」という意味があります。このためrearを聴いて「後ろ」という意味だと思い込んでしまうと、これが動詞として使われる場合にはお手上げになります。一方文脈が分からないというのは、その分野の知識が足りないという事です。前提となる知識なしで会話するのはまず不可能です。どちらの場合も、思い切って「I don’t understand.」と言って、大事な単語や前提を教えてもらいましょう。英語では話し手に相手を理解させる責任があるので、聞き手である貴方は納得いくまで説明を求める権利があります。また逆に貴方が話し手の時は、言葉や身振りで相手に分かってもらうまで英語の説明を尽くす必要があります。「話が分からないのは聞き手が悪い」という日本の常識は英語にはありません。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。