ご案内

このサイトでは、シリコン・バレーでアメリカのIT企業に30年以上勤めるMasaが、仕事に使う道具としての英語の習得法をあなたに教えています。英語はスポーツと同じで練習すれば誰でも上手になります効果的な練習方法は知りたい人は、まず右下の無料アプリ「IT英語」をダウンロードして読むか、iBooksにある無料のIT英語」を読むか、あるいは一般の人向けにキンドル本になった「知って得する英語練習法」をキンドル又はキンドル・アプリで読んでください。英語は翻訳するものではありません英語ができる人は日本語と英語のどちらでも言いたいことが言えます。Masaはシリコン・バレーでソフトウェア・エンジニアとして働く一方、英語で英語を教えるアメリカの教育者向けトレーニングも受講し修了しています。英語でさんざん苦労したMasaはあなたが何を間違えているかが良く分かります。文法と単語と発音を知っているだけでは英語を使えるようにはなりません。大事なのは英語表現をカタマリとして覚えることなので、これに役立つ練習方法を手に入れましょう。

2014年2月1日土曜日

歌の中の英語

日本語の歌謡曲の中には英語の歌詞を混ぜたものがたくさんあります。作詞家はカッコいいと思って英語を混ぜているのでしょうけど、実は逆効果です。日本人の歌手がカタカナ英語として歌うので、ほとんどは英語に聞こえません。かと言って日本語にもやはり聞こえません。おまけに文法あるいは表現が間違っている歌詞もよく見かけます。そこで作詞家の方にお願いします。日本語の歌に安易に英語の歌詞を混ぜるのはやめてください。せっかく美しい日本語の歌を聞いている途中で、美しくないカタカナ英語を聞くのは興ざめです。ちゃんと英語の発音ができる人だけが英語の歌詞で歌うことができます。会話と違って歌は一方通行なので、発音が悪いために意味が分からない場合、その歌詞は失敗です。竹内まりや、山下達郎、宇多田ヒカル、クリスタル・ケイ、青山テルマ、アンジェラ・アキ、May J. のほかに日本の人で、日本語と英語の両方で美しい発音ができる歌手を筆者は知りません。歌の発音は日本語であろうと英語であろうと、美しく聞こえる方が良いのです。英語に聞こえない英語の歌詞は、ちっともカッコよくありません。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。