ご案内

このサイトでは、シリコン・バレーでアメリカのIT企業に30年以上勤めるMasaが、仕事に使う道具としての英語の学習法をあなたに教えています。英語はスポーツと同じで練習すれば誰でも上手になります効果的な練習方法は知りたい人は、まず右下の無料アプリ「IT英語」をダウンロードして読むか、iBooksにある無料のIT英語」を読むか、あるいは一般の人向けにキンドル本になった「知って得する英語練習法」をキンドル又はキンドル・アプリで読んでください。英語は翻訳するものではありません英語ができる人は日本語と英語のどちらでも言いたいことが言えます。Masaはシリコン・バレーでソフトウェア・エンジニアとして働く一方、英語で英語を教えるアメリカの教育者向けトレーニングも受講し修了しています。英語でさんざん苦労したMasaはあなたが何を間違えているかが良く分かります。文法と単語と発音を知っているだけでは英語を使えるようにはなりません。大事なのは英語表現をカタマリとして覚えることなので、これに役立つ練習方法を広めています。

2012年11月4日日曜日

フォニックス

英語らしい発音を覚えるためには、英語圏の映画やドラマのBDやDVDを何度も繰り返して再生し、英語の字幕を表示しながら英語のセリフを聞こえた通りに真似します。実はアメリカの子供の場合、小学校でフォニックスといって英語の綴りと音の関係をひとつひとつ覚えます。それなりに訓練を積んだトレーナーに教えてもらえるなら、これは大人にも良い練習方法です。当然ながらフォニックスは日本でも小学生に教えるべきものです。フォニックスを学ぶためのDVDやアプリは既にあるので、本格的に発音を学びたい人にはそちらを利用して下さい。英語には日本語にない音が多いので、一度フォニックスで綴りと音の関係を覚えておくと後で役に立ちます。でも忙しい大人はフォニックスを飛ばしてもかまいません。カラオケで上手に歌を歌うには物まねが必要なように、上手な発音を覚えるには英語で物まねをします。カラオケで英語の歌を歌うのも良い方法です。ひたすら聞こえた通りに真似します。俳優や歌手になったつもりで英語っぽい音を口から出してみましょう。数をこなすことで自然にフォニックスを覚えることができます。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。