ご案内

このサイトでは、シリコン・バレーでアメリカのIT企業に30年以上勤めるMasaが、仕事に使う道具としての英語の習得法をあなたに教えています。英語はスポーツと同じで練習すれば誰でも上手になります効果的な練習方法は知りたい人は、まず右下の無料アプリ「IT英語」をダウンロードして読むか、iBooksにある無料のIT英語」を読むか、あるいは一般の人向けにキンドル本になった「知って得する英語練習法」をキンドル又はキンドル・アプリで読んでください。英語は翻訳するものではありません英語ができる人は日本語と英語のどちらでも言いたいことが言えます。Masaはシリコン・バレーでソフトウェア・エンジニアとして働く一方、英語で英語を教えるアメリカの教育者向けトレーニングも受講し修了しています。英語でさんざん苦労したMasaはあなたが何を間違えているかが良く分かります。文法と単語と発音を知っているだけでは英語を使えるようにはなりません。大事なのは英語表現をカタマリとして覚えることなので、これに役立つ練習方法を手に入れましょう。

2012年12月29日土曜日

「IT英語」無料化実施

発売一周年を記念して「IT英語」を無料にしました。広告も付けてません。ひとりでも多くの日本人に楽しく英語を練習する方法を教えるのが筆者の希望です。シリコンバレーで20年以上ITエンジニアを続けてきた筆者がお勧めする方法はとても簡単で効果的です。英語はモノマネで覚えます。

2012年12月20日木曜日

始まりと終わり

英語を道具として使う場合、英語で始まり英語で終わります。途中に日本語を入れず、英文和訳や和文英訳はしないということです。英語を聞いたら英語で質問します。実時間で会話が進むので、途中で日本語に翻訳する暇もなければその必要もありません。日本人は中学校で英文和訳をたくさん練習しますね。でもあれは英語を使って仕事をする上で物の役に立ちません。学校などで英語を読んでその内容を理解しているかどうかを知るには、英語の質問に(最初はYesかNoだけでもいいから)英語で答えてもらいます。日本では英語の教師に英語を話す力がないので、英語を読んでその内容を生徒に日本語へ翻訳させて、教師が日本語で質問します。生徒が答えるのも日本語です。こうして英語と日本語の間を行ったり来たりしている間は、英語を道具として使えるようにはなりません。無意識に英語を理解し英語で発話するためには、最初から最後まで英語だけを使います。英語と日本語を混ぜてはいけません。

2012年11月30日金曜日

「IT英語」バージョン1.1

本の内容を更新しました。読者の質問が多かった発音について4ページ追加し、略語集を2ページ増やしました。またiPhoneとiPod Touchでは横長表示のみにしました。さらにアプリ再表示の際のページリセットをなくしました。iOS4とiOS5ではPDFの最初の表示方法が違い、iPhoneとiPod Touchの縦長表示では最初に画面の下半分が余白になるので、これらのデバイスでは縦長表示をやめました。Androidにはこうした制限はないので、ページの追加のみです。発音について自信のない方が多いのは分かります。筆者もかつてはその一人でした。でも英語の発音をそれほど難しく考える必要はありません。

2012年11月29日木曜日

「IT英語」発音

日本には発音が良くないと自分の英語は通じないと信じている人がいます。もちろん英語らしい発音は大切です。でももっと大事なのが語順と強弱アクセントです。話し言葉としての英語では、語順を間違えたらどんなに発音が良くても相手に通じません。日本語には助詞「てにをは」という便利なものがあるので、主語や動詞の位置は固定していません。助詞が主語や目的語を表す印となるので、助詞に高低アクセントを置いて話せばどんな語順でも相手に通じます。冒頭の文を例にとると、次の複数の文はすべて日本語として通じる文です。

日本には発音が良くないと自分の英語は通じないと信じている人がいます。
発音が良くないと自分の英語は通じないと信じている人が日本にはいます。
日本には自分の英語は発音が良くないと通じないと信じている人がいます。
自分の英語は発音が良くないと通じないと信じている人が日本にはいます。

ところが英語にはこうした柔軟性がありません。助詞がないので、語順で主語や目的語を表します。そのためSVOの基本形からはずれると、相手は英語として理解できなくなります。
...

2012年11月24日土曜日

テレビの字幕

アメリカのテレビ放送には、耳の聞こえない人のためにClosed Captionという英語の字幕が必ず付き、視聴者がこの字幕を表示するかしないかを、テレビのリモコンで選びます。これは少なくとも20年前から、つまりアナログ放送のころからやっています。映像信号の表示されない部分に文字情報を載せているそうで、映画のVTRでも字幕表示ができます。ニュースも口述筆記のように実時間で字幕が付きます。当然CMにも字幕があります。日本はまだそこまでいかないようですね。アメリカだと移民が多いので、字幕は英語が聞き取れない人にも役立ちます。筆者はアメリカのテレビ放送を字幕付きで視て英語の練習をしました。日本のケーブルテレビなどでアメリカの番組を視る場合、英語の字幕は表示可能でしょうか。もし表示できればそうした番組はいい練習材料になります。Huluだと字幕を選べるそうです。

2012年11月11日日曜日

英語は音読

英語は表音文字であるアルファベットからできています。英文を読むというのは、日本語で平仮名だけで書かれた文章を読むのと似ています。「えいごは ひょうおんもじである あるふぁべっとから できています」という文には意味の手がかりになる漢字がありません。漢字という表意文字に慣れている日本人が英文を前にして最初につまずくのが、文章を見ただけでは意味が掴めないという点です。英文は頭の中で音読しないと意味が分かりません。つまり文字のつながりを一度音のつながりに変換して、その音から記憶をたどって意味を掴むのが英文を読むという作業です。このため発音を知らない単語は音読の妨げになります。英語は単語の発音と意味を必ず一緒に覚えます。英文を読むという作業は、頭の中で音読した英語を聴くという作業です。英語を聴く力があって始めて、英文を頭から順に理解できるようになります。つまり読む力は聴く力を土台としています。例えて言えば、目だけなく耳も使っているようなものです。文字を視てその音を同時に聴くといい練習になるので、映画の字幕を使って発音と文字を同時に頭に入れます。漢字だけ拾えば意味が分かる日本語とは違い、英語は頭から順に音読して理解するのがコツです。

2012年11月4日日曜日

フォニックス

英語らしい発音を覚えるためには、英語圏の映画やドラマのBDやDVDを何度も繰り返して再生し、英語の字幕を表示しながら英語のセリフを聞こえた通りに真似します。実はアメリカの子供の場合、小学校でフォニックスといって英語の綴りと音の関係をひとつひとつ覚えます。それなりに訓練を積んだトレーナーに教えてもらえるなら、これは大人にも良い練習方法です。当然ながらフォニックスは日本でも小学生に教えるべきものです。フォニックスを学ぶためのDVDやアプリは既にあるので、本格的に発音を学びたい人にはそちらを利用して下さい。英語には日本語にない音が多いので、一度フォニックスで綴りと音の関係を覚えておくと後で役に立ちます。でも忙しい大人はフォニックスを飛ばしてもかまいません。カラオケで上手に歌を歌うには物まねが必要なように、上手な発音を覚えるには英語で物まねをします。カラオケで英語の歌を歌うのも良い方法です。ひたすら聞こえた通りに真似します。俳優や歌手になったつもりで英語っぽい音を口から出してみましょう。数をこなすことで自然にフォニックスを覚えることができます。

2012年10月31日水曜日

アクセント

日本語は助詞が大事なので、助詞にアクセントを付けます。助詞とは「てにをは」のことで、ここを聞き逃すと意味が分からないので、話す人もそこを強調します。ところが助詞の無い英語は言葉の順序が大切なので、強調する位置が日本語と違います。例えばアメリカ人が習い立ての日本語を話すと、助詞ではなく文節の頭にアクセントを置くので、英語っぽい日本語に聞こえます。アクセントと抑揚の違いはあるものの、大事な所を強調するという言葉の性質は日本語でも英語でも同じです。英語を話す時のコツは、主語・動詞・目的語(SVO)の順序を守ることと、それぞれの単語に正しいアクセントを付けることです。会話の中で単語のアクセントが分からなくなった場合は、とりあえず最初の母音にアクセントを置いてみましょう。それで通じることもよくあります。話す時の英語は半分が語順、半分がアクセントで決まります。発音はイギリス、アメリカ、オーストラリア、インドなど国により違うので、標準はありません。それでは勇気を出してSiriに英語で話してみましょう。

2012年10月20日土曜日

しゃべってなんぼ

英語はしゃべるのが目標です。英語が聞き取れないとか読むのが億劫というインプットの段階で困っている人は沢山います。それは富士山の3合目あたりにいる登山者と同じです。意味と発音を知っている単語の数が増えてインプットは苦労しないという段階が5合目に相当します。それから先はアウトプットの善し悪しです。言いたい事をとっさに言えるのが7合目で、思ったことをすらすら英語の文章にできれば9合目にいます。あとはそれに身体表現が加われば頂上です。この道筋で一番大切なのが英語をしゃべる事です。日本では英語の読み書きから入って3合目で学校の勉強が終わります。その先は個人でそれぞれ努力して登らなければなりません。普通に英語を話せる先生が足りないので、学校で生の英語を聴いたり話したりする機会がありません。言葉を習得する自然な順序は「視る、真似する、聴く、話す、読む、書く」です。IT英語でもこの順序に沿って英語を練習する方法を教えています。繰り返しになりますが、英語をしゃべる練習には独り言を英語で言うのが効きます。今日から独り言は英語で言いましょう。そのためには、IT英語にもあるようなとっさに使える短い英語表現を丸ごと覚えます。言葉は体で覚えるものです。スポーツと同じで何度も繰り返し練習することで上達します。学校での成績は関係ありません。

2012年10月7日日曜日

アプリで発音チェック

これまで英語の発音については説明しませんでした。10代の若者ならともかく、いい大人がいくら発音を練習してもネイティブの発音にはなりません。でも道具としての英語なら日本語なまりの英語で十分だからです。仕事で出会う人はいろいろな発音の英語に慣れている場合がほとんどで、そのためそこそこ英語らしい発音なら理解できます。ところが機械はそう柔軟に対応できません。カスタマー・サービスなどはアメリカでも人件費を下げるため、機械に電話を取らせるところが多くなりました。こうした機械は日本語なまりの英語に対応できませんので、筆者は何度も言い直さないと先へ進めません。そのうち機械のほうで諦めて「分からないので、人を呼びます」と言ってきます。こうなるといささか惨めな気分です。これと同じ事は Google Translate を使って英語と日本語の間で音声翻訳をすると経験できます。自分では英語を話しているつもりでも、機械は日本語だと思って解釈します。これを避けるには英語から英語への翻訳を選びます。こうすることで日本語なまりの英語でも、機械は日本語ではなく英語だと解釈してくれます。音声翻訳ではなくVoice Searchの英語を使うのも良い手です。発音の練習にはこうしたアプリが役に立ちます。DVDなどで英語らしい発音を真似して、アプリでその出来具合をテストしてみましょう。機械の判定はキビしいので、パーティのゲームにしてもいいぐらい楽しめます。

2012年9月29日土曜日

英語の教材

インターネット上には無料で使える教材が豊富にあるので、英語を練習するのにお金を出して教材を買う必要はありません。そもそも既存の英語教材はほとんどが文系のために作られており、理系が興味を持てるような教材はまずありません。筆者もかつてカセットテープの教材を買って勉強し、途中で挫折した苦い思い出があります。内容がつまらないので続かないのです。自分が興味を持てる内容の英語を使うのが最良の練習方法です。それにはYouTubeや英語のWikipediaが役に立ちます。また無料ではありませんが、DVDやBDで英語の字幕を見ながら外国映画を視るのもすごく良い練習です。視て聴いてひたすら真似します。英語は道具ですから、使えば使うほど上達します。英語練習のために日本語のテレビを視る時間は削りましょう。

2012年9月15日土曜日

英語脳

このごろ「英語脳」という言葉をよく目にします。辞書にも乗っていない新しい言葉なので、その定義は人によりまちまちです。ここではとりあえず英語を母国語とする人の脳と定義します。人は10歳ぐらいで脳の言語モデルが決まります。いいかえると、10歳まで日本語だけで育った人の脳は純粋な日本語脳です。そんな日本語脳を大人になってから英語脳に変える事はできません。でも英語を道具として使うには英語脳を持つ必要はありません。母国語が日本語でも、英語が言葉として聞こえたり、言いたい事をすぐに英語で言えるようにする事はできます。つまり英語脳がなくても英語は使えるということです。これはたとえば泳ぎを習うのと同じです。人は先天的に泳げるわけではありません。普段は陸上を歩いたり走ったりするので、水の中を泳ぐのは後天的に身につける技術です。本を読むだけでは泳げるようにはなりませんね。英語も水泳と同じく練習して体で覚える技術です。生まれつき泳いでいるイルカと同じ泳ぎはできないにしても、いざという時に100メートルぐらい泳ぐのは誰でも練習すれば可能です。日本語脳の日本人が目指すゴールは、英語脳を持つことではなくて道具として英語を使うことです。これにはほぼ1000時間の練習が必要なので、毎日3時間練習しても1年かかります。でも逆にいうと、やる気さえあれば1年で英語を道具として自由に使えるようになります。「IT英語」が教える練習方法を使えば、留学しなくても同等の英語力が手に入ります。

2012年9月9日日曜日

英語を使う

英語は練習するものですから、普段から使わないと上達しません。でも日常ほとんど英語を使う機会がありませんので、せっかく英語を話せるようになってもしばらくすると忘れてしまいます。ではどうしたら毎日の生活の中で英語を使う機会を増やせるでしょうか。まず英語を聴くのは割と簡単です。AFNを聴くとかYouTubeを視るとか洋画をDVDで視るという方法があります。海外のラジオをインターネットで聴くのもアリです。これに対して英語を話すには相手が要りますので、まず自分自身に英語を話しましょう。考えたことを頭から外に出すときに英語で表現します。これがスラスラできるようになると相当上達した証拠です。発音の練習なら Siri に英語で話しかけてはどうでしょう。Siri があなたの英語を理解してくれればしめたもの。相手は機械ですから何度でも練習できます。Siri を使えない人は、 Google の Voice Search (English) や Voice Translate (English to English) を試してください。AndroidとiPhoneで使えます。この様に聴く練習と話す練習は工夫すれば一人でもできます。

2012年8月25日土曜日

英語を聴く

普通の速さの英語を聞いて内容が分かる人は日本にあまりいません。普段から英語を使わないので、英語の音が言葉として聞こえる回路が脳にないからです。簡単に言えば「知らない単語は聞き取れない」のです。この壁を破るには二つの練習方法があります。まず最初は洋画を英語の字幕で視ます。英語の字幕が画面に先に出るので、これを読みながら実際の英語の発音を聴きます。そして聴いた音を自分の口で真似することにより、生きた英語の音を覚えます。もし知らない単語が字幕に出たら、その場で辞書を引いて必ず意味を確認します。この練習により「発音を知っている単語」の数を増やします。俳優のセリフをすらすらと言えるようになるまで、繰り返して同じ場面を視ます。その次の練習は映像なしに音だけで理解する練習です。夜寝る直前や朝起きた直後は頭が無防備なので、素直に音を脳に入れることができます。「発音を知っている単語」の数がある程度増えると、それまで音として認識していた英語が言葉になります。英語を頭で翻訳するのではなく、聴いたそばから頭に意味が浮かぶ状態になります。英語の音が言葉として聞こえる回路が脳にできた証拠です。これには朝の目覚まし代わりにラジオでAFNを聞く事が良い練習になります。この二つは英語学校に行かなくても今すぐできる練習です。

2012年8月12日日曜日

英語練習のゴール

英語練習のゴールは、仕事で英語を道具として使って、言いたい事を言いたい時に自由に言える事です。ひとつの目安としてTOEIC 860点を超えてほしいと本には書きましたが、それだけでは言いたい事を自由に言えるようにはなりません。TOEICでは話す能力まで十分にテストできないので、TOEIC 860点を超えてもさらに話す練習が必要です。ではどんな練習がいいでしょうか。リアルタイムで英語を話すにはまず英語の引き出しをたくさん用意します。最初は過去に聞いた事のある表現しか使えないので、便利な表現を丸ごと覚えて練習します。たとえば「何かがおかしい」というのは「There is something wrong」です。「とても感謝しています」は「I appreciate that very much」です。こうした短い文をタイミング良く出していけば、リアルタイムで簡単に英語を話す事ができます。英語でとっさに長い文を話すことは最初は諦めて、便利な会話表現を丸ごとDVDやYouTubeから覚えます。もし本やCDから覚える場合は、どの場面で使う表現かに注意します。英語で独り言をポンポン言えるようになれば、山をひとつ超えた証拠です。

2012年8月4日土曜日

英語は道具だ

皆さん、英語は体で覚えるものです。スポーツやカラオケと同じく練習することで上手になります。もしあなたが海外を目指すなら、アプリ「IT英語」で英語の練習方法を学びましょう。ITを使ってタダで英語を練習する方法が分かります。これはITエンジニアでなくても使える方法です。英語教材を買ったけど勉強しなかったアナタも、勉強したけど英語をしゃべれるようにならなかったアナタも、「IT英語」が教える練習を続ければ必ず英語を仕事の道具として使えるようになります。「視る」「真似する」「聴く」「話す」「読む」「書く」が練習の順番です。たったこれだけで英語はあなたの味方になります。

2012年7月11日水曜日

英語の練習

英語の練習をサッカーの練習に例えてみましょう。英語の文法を知る事は、サッカーのルールを知る事と同じです。高校生なら英文法はおおむね知っています。知らない英単語を辞書で引いて覚えるのは、リフティングのような基礎練習です。普段からやることで体が覚えるので、知らない単語は必ずその場で辞書で調べます。発音も一緒に覚えると一石二鳥です。英語で独り言を言うのはドリブルの練習に相当します。もし相手がいれば独り言ではなく会話の練習になります。たとえば英語で人に質問したり人から質問されたりするのは、パスを出したり受けたりする練習と似ています。あとサッカーの練習には何が要るでしょう。戦術とコーチですね。これを言いたいときには、英語だとこう言うという戦術はアメリカ映画やドラマをDVDで視ることで効率よく覚えることができます。始めは英語の字幕を利用して口真似しましょう。英語が聞き取れないのは話す速度の問題ではなく知らない単語が多いからです。発音を知らない単語は聞き取れません。適切な練習方法を知る事が英語への近道です。

2012年7月10日火曜日

「IT英語」の守備範囲

「IT英語」アプリは20代のITエンジニアを主な読者に想定しています。英語学校に行かなくても英語はしゃべれるようになります。言葉はスポーツと同じく体で練習するものです。アウトプットの練習にはまず独り言を英語で言う練習から始めましょう。言葉の練習は「視る」「真似する」「聴く」「話す」「読む」「書く」の順です。本やCDはインプットの練習に使い、DVDやYouTubeで「視る」練習と「真似する」練習をします。インターネット上の無料の教材を使えばお金もかかりません。でもこのアプリは練習方法を伝える電子本ですから、実際の練習をするのはアナタです。英語の練習をしたいけど方法が分からない人は、この本をコーチがわりに使って自主練習ができます。

2012年6月6日水曜日

アプリ評価のお願い

「IT英語」アプリを購入して下さった皆様にお願いがあります。App Store でも Google Play でも1から5までの評価ができますので、ぜひこのアプリの評価を付けて下さい。もちろん数字が多いほど高い評価となります。 評価がないと人の目に止まらないので、どうかよろしくお願いします。1でも5でもかまいません。とはいえ当然5の方が筆者は好きです。 今後の励みにもなりますので、どうか率直な評価をお願いします。星の数ほどあるアプリの中からこのアプリを選んで頂くために、皆様の声を聞かせてください。

2012年6月5日火曜日

「IT英語」略語集

IT業界でよく見かける略語です。

AKA: Also Known As

API: Application Programming Interface

BTW: By The Way

CEO: Chief Executive Officer

CU and CY: See You

DOA: Dead On Arrival

ETA: Estimated Time of Arrival

IMHO: In My Humble Opinion

IOU: I Owe You

IPO: Initial Public Offering

LLC: Limited Liability Company

LOL: Laugh Out Loud

...

2012年6月4日月曜日

「IT英語」ひとこと集

IT業界にいるとよく耳にする口語表現を集めました。

あ行
青天井 The sky is the limit.
あなた次第 This is up to you.
アホ a stupid, a jerk
あり得ない impossible
安全環境 a sandbox
家に置いてきた I left it at home.
家に不在 not at home
いじめっ子 a bully
医者に行った I saw my doctor.
一生に一度 once in a life time
急がずにね Take your time.
急がないと I need to run. I have to run.
一時的な問題 a transient problem
一列に並ぶ form a single file
いつもの場所 one's comfort zone
今の所大丈夫 So far, so good.
今までは up to now
嫌な予感 a bad feeling
うまく行かない It doesn't work.
運の尽きだ be out of luck
え? Pardon me?
営業日 a business day
...

2012年6月3日日曜日

「IT英語」数の表現

ITエンジニアは仕事の上で数について話すことがよくあります。でも数の読み方には何種類もあり簡単ではありません。数にまつわる英語を集めてみました。アクセントが難しい単語には太字でアクセントを示しました。

値段
$1200は One thousand (and) two hundred dollars でもいいですし、Twelve hundred dollars でもいいです。後者の方が短いのでよく使います。Hundred に複数のsはつきません。単位の dollar にsがつきます。$10.30は Ten thirty と言います。Ten dollars (and) thirty cents と長くいってもかまいません。前者のほうが短いのでよく使います。$10,000は Ten thousand dollars です。エンジニアの間では10k (ten k) dollars ともいいます。これはkに kilo の意味があるからです。
...

2012年6月2日土曜日

アンドロイド版を改良しました

友人からの指摘で、アンドロイド版アプリをSDカードに移せるようにしました。このためアンドロイド版アプリの最新バージョンは 1.0.1 になりました。Android 2.2 以上でアプリをSDカードに移すことができます。設定の中のアプリケーションから「IT英語」を選んで、SDカードに移動するためのボタンを押してください。メモリの少ない携帯電話の場合アプリをSDカードに移せると確かに便利ですね。

2012年6月1日金曜日

「IT英語」世間話

お互い英語を母国語としない人間同士が英語で世間話をするのは実に面白いものです。話す言葉は違っても同じ人間なんだと実感できます。英語が母国語の人間は、話す速度が速かったり日本人に馴染みのない、だけど本人にとっては簡単な単語を使う事があり、話が通じないことがあります。でもそれは新しい単語や熟語を覚えるいい機会なので、必ず分かるまで聞き返しましょう。簡単そうな put とか take といった動詞には、その後に続く前置詞や副詞でころころ変わる意味がいくつもあるので要注意です。例えばこんな熟語があります。

put down = 却下する
put up with = 我慢する
take out = take away = 持ち帰る (something to go)
take over = 引き継ぐ、乗っ取る
...

2012年5月31日木曜日

「IT英語」メール

学校でそれなりに英作文はやったはずなので、英語で文を書くことは話す事に比べれば日本人向きです。でも日本ではエッセイの書き方など教えてくれませんので、単なる和文英訳をすると意味不明な文章になります。言いたい事を英語の文字列にして頭から出すのがメールです。

英語でも日本語でもメールは誤解を招かないことが大切です。まずメール一通につき本題はひとつにします。メールを最後まで読まない人も多いので、長いメールはやめましょう。またメールの件名は中身を表す見出しとして重要です。具体的で短い subject を選びます。英語ではまず段落の最初に一番大事な文章をもってきます。つまり結論から書きます。日本語と逆なので頭を切り替えましょう。
...

2012年5月30日水曜日

Android版も出ました

iOS版に続き Android版も出ました。本の中身は同じです。目次が少し違っていて、Android版では外部リンクが目次の最後にあります。目次のフォントはアプリでは制御していないため、使うデバイスによって見かけが変わるのは仕方ありません。なお Android には PDF を表示する機能がないので、本の中身は前もって Mac で PDF から PNG に変換したものを使っています。このためデバイスによる見かけの差はなく、Mac の奇麗なフォントで表示できます。Android版は Google Play からダウンロードできます。

2012年5月29日火曜日

「IT英語」相談

何か仕事上の問題にぶつかると人は誰かに相談することになります。相談は他人の経験や知恵を借りる行為ですから、相手にまず自分の問題を理解してもらうことから始まります。例えばこう切り出します。

I have a problem. Could you help me?

また相手になにか無理をお願いする場合はこう言います。

May I ask you a favor?

いずれもそのあとすぐ状況の説明と頼みたい事に続きます。人は頼られるのが好きですから、相手に嫌われていない限り助けてくれるでしょう。もちろん普段から回りの人を助けている人は、いざというとき回りの人が助けてくれます。「情けは人の為ならず」自分に返ってきます。
...

2012年5月28日月曜日

「IT英語」電話

仕事で英語の電話がかかってくるとドキドキしませんか。ある程度会話ができる人でも電話となると気合いが要ります。電話だと聞き取りにくいし、相手の表情が見えないので声の様子から相手の感情を判断しなければなりません。身体言語があまり使えないので、ちょっとした間違いから大きな誤解を生む可能性もあります。難しい説明はメールで行い、電話で確認するだけの人もいます。英語で電話する場合のコツはメモを取りながら話すことです。こちらから電話する時は伝えるべき要点を前もって英語でメモして、それをもとに話します。相手から電話がかかってきた時は、ノートの端でもいいので要点をメモします。英語を理解するのに夢中になって要点を伝え損ねたり、言われた要点を忘れないようにメモを取ります。
...

2012年5月27日日曜日

「IT英語」面接

自分が誰かを面接する場合と、誰かに面接される場合のふたつがあります。新しい人を雇う場合は面接試験をしますので、まずこの状況から練習しましょう。質問には Yes か No かで答える closed question と What や Why, How で始まる open question があります。エンジニアを面接する場合、たいていは今の仕事か直近の仕事をまず What で訊きます。筆者はよく最初にこう質問します。

What is your role in your current job?

What was your biggest achievement in your job?
...

2012年5月25日金曜日

アプリ登録完了

「IT英語」がついにアプリとして登録されました。日本の iTunes ストアから購入できます。読者の皆様からのコメントをお待ちしています。右の「IT英語」アプリのアイコンをクリックすると iTunes Store のページを見る事ができます。

2012年5月24日木曜日

「IT英語」会議

英語の利点は相手の年齢に関わらず同じ表現が使える事なので、特に「会議」つまり「ミーティング」でその利点が生きてきます。偉い人が一方的にしゃべって皆は聞き役に徹するという会議もあれば、いろいろなアイデアを各人が出し合って新しい方向を決めるブレイン・ストーミングという会議もあります。一方的な会議でも最後に質疑応答の時間があれば質問ができます。臆せずに質問するには敬語に気を使わなくていい英語のほうが楽です。
...

2012年5月23日水曜日

「IT英語」発表

日本人にとって最も苦手なのが「発表」つまり「プリゼン」です。日本語でも上手に出来る人は少ないのに、英語となると頭が真っ白という人が大部分ではないでしょうか。実は筆者もそのひとりでした。それではまず言語に関係なく「上手なプリゼン」とは何かという所から入って行きましょう。その後で英語特有のコツをご紹介します。

筆者にとって「プリゼン」とはショーです。見せ物です。そこには脚本があり、演出があり、出演者がいます。アップルのステーブ・ジョブスはIT業界で一番有名なプリゼンターです。YouTube に彼のプリゼンが数多く載せられているので、いい教材になります。彼のプリゼンから分かるコツは以下の様になります[2]。
...

2012年5月20日日曜日

「IT英語」挨拶

英語でも日本語でも挨拶は人間関係の要です。人は他の人に認められたい動物ですから、まず自分の存在を認めてくれる人に親しみを抱きます。英語でも朝の「おはよう」から挨拶が始まります。「Good morning」と言ったあとに相手の名前を付ければ好感度が上がります。アメリカだとその後によく相手の個人名を付けます。こうすることで相手の名前を覚えるという効果もあります。

Good morning, Masa. How are you? I'm fine. How about you, Chris?

という具合です。英語での決まり文句で「How are you? 」と続きます。「元気?」とか「儲かりまっか?」ぐらいの軽い挨拶です。特に問題がなければ「I'm fine」という普通の返事で済みます。その後に今度は相手の様子を尋ねます。もし徹夜明けで眠ければ「I am sleepy because I worked overnight」と答えてもいいです。
...

2012年5月18日金曜日

アプリ再挑戦

ひとつのPDFファイルだった本をページごとのファイルに分け、目次をつけて目的のページに飛べるような仕組みを作りました。それから前回開いていたページを記憶して、次はそのページを開くようにしました。ページ移動のボタンも付けました。こうした変更でぐっとアプリらしくなりました。そのかわりアプリの大きさが大きくなりました。大部分はページにわけたPDFの分です。昨日このバイナリをアップルに送ったので、どう評価されるでしょうか。アプリ化された本は他にも沢山あるので、そのこと自体はアプリを却下する理由にはなりません。エンターテイメント性があるかどうかは評価のひとつでしょう。ゲーム感覚の本もあっていいと思います。このアプリではまだそこまでやっていませんが。

2012年5月13日日曜日

「IT英語」書く

社会人は「書く」ことが仕事の一つです。報告書やメールはしょっちゅう書いています。でも残念なことに日本語でも「書く」練習はあまり学校でやりません。英語で「書く」場合は主に文法と構造に注意します。日本語と違って英語は語順が命です。SVOの語順は守ってください。「てにをは」がないので順序を間違えると意味が通じません。誰でも最初は日本語式につい目的語から文を始めてしまいます。たとえば「報告書を明日までに送ります」とメールに書きたいのに「My report」と始めると後が続きません。自分の事は常に「I」で始めればいいので、「I will send you my report by tomorrow」と「誰が何をするか」を文の最初に持って来る練習をします。
...

2012年5月11日金曜日

アプリ却下

アップル社はこのアプリを却下しました。PDFをアプリに入れただけでは価値がないとのことです。それならiBooksで早く日本語をサポートしてちょうだい、というのが著者の考え。こんな事で凹んでいられません。アップルは電子書籍ビジネスでやってる事がちぐはぐなので、Androidを使おうかと考えています。このブログでは引き続き「IT英語」の紹介を続けて行きます。

2012年5月9日水曜日

「IT英語」読む

インターネットのおかげで読むものには困りません。技術的な論文から会社の電子メールまでインターネット上にはたくさん無料の教材があります。自分の興味の向くままに読み、知らない単語は必ずオンラインでもいいから辞書で引くという練習をします。ここでも後で「書く」時に必要な表現の引き出しを増やすつもりで読みます。英文和訳が目的ではなく内容の理解が目的です。 ひとつの文章に知らない単語がふたつ以上あると、それぞれの単語に複数の意味がある場合その組み合わせの数はぐっと大きくなります。ですから知らない単語の少ない、自分のよく知っている分野の英語から読む練習を始めます。平均してひとつの文に知らない単語がひとつ程度の文が今のあなたにちょうど良いレベルです。
...

2012年5月8日火曜日

「IT英語」話す

これが日本人に一番難しい練習です。話すにはまず聞いてくれる相手が必要ですし、ほとんどの人は始めは恥ずかしいと思います。英語で話すことは「真似する」ことの延長上にあるので、映画のDVDを見ながら俳優のセリフを自分も同じ速度で言うことから始めます。最初は英語の字幕を見ながら、次は字幕なしで聴いたセリフをそのままオウムのように真似します。これはシャドウ・スピーキングという練習方法です。一人で出来るので、カラオケの練習をする感覚でやってみてください。英語で表現する引き出しを増やすために、最低10本の映画についてこれを練習します。自分の好きな俳優ならセリフを覚えるのは苦にならないでしょう。英語で使う舌の筋肉をこれで鍛えます。覚えた英語が何気なく口から出て来るようになれば上出来です。英語の歌でもかまいません。脳の中で聴くときに使う部位と話す時に使う部位は違いますので、聴くだけで話せるようにはなりません。話す練習はまず人の物真似から始めます。英語らしいカッコいい音を口から出せるように何度も真似します。
...

2012年5月7日月曜日

「IT英語」聴く

iPodやラジオで英語を聞く事が一番です。とくにお勧めは横になってから寝入るまでと、朝起きてすぐの頭が寝ぼけている時です。どちらも頭が無防備の状態なので英語がすっと頭に入ってきます。夜寝入るときは英語の歌でもかまいません。朝の目覚まし代わりに英語のラジオ(AFN)をタイマーでつければ、番組の英語が直接脳に入ってきます。いちいち英文和訳をしないで英語を聴く感覚が身に付きます。そのうち英語が音ではなく言葉として脳に直接入る回路が出来上がります。
...

2012年5月6日日曜日

「IT英語」真似する

真似するのは発音だけではありません。人は音声言語よりも身体言語から多くの情報を読み取ります。ましてや母国語でない言語を使う場合、身体言語なしでは気持ちを伝えることができません。テレビの「すべらない話」という番組を視ると芸人がいかに身体言語を駆使しているかが分かります。「犬が振り向いて吠えた」程度の話でも、芸人が物まねを交えて話すとぐっと生き生きした面白い話になります。同じ様にアメリカ映画を「視る」と身体言語が効果的に使われていることに気づきます。何かの速度が速い事を表現するのには、手を自分の前で横に早く動かしながら「ヒュー」という声を出せば簡単です。もちろん声色や顔の表情も身体表現のうちです。他にもこんな例があります。
...

2012年5月5日土曜日

「IT英語」視る

今はいい時代です。アメリカ映画のDVDやBDには英語の字幕(subtitle)が必ず付いています。テレビでも2カ国語放送があり、原語のまま映像を視る事ができます。「視る」練習には YouTube も使えます。字幕が使える場合、必ず英語の字幕を表示してください。日本語の字幕や吹き替えでは練習になりません。 自然な英語の速度のまま視ます。 最初は字幕を読むのに忙しくて俳優のセリフはまず聞こえないでしょう。でもそれでかまいません。同じドラマや映画を複数回視ます。すると字幕と音が結びついてきます。字幕に知らない単語が出たら、そこで映像を止めて面倒でも辞書を引きます。知らない単語は聞き取れませんので、意味が分かったらその発音も一緒に覚えます。俳優のセリフをそのまま繰り返して「真似する」のが発音を覚える近道です。アナウンサーのような分かりやすい発音ではないかもしれません。でもそこは同じ場面を繰り返して視るなどの方法で覚えます。この場面ではこの表現を使うというのが自然と身に付きますし、後の「話す」練習につながります。
...

2012年5月1日火曜日

アプリのアイデア

アプリといっても、UIWebViewに左右のスワイプ・ジェスチャーを追加しただけの簡単なものです。iPadならこれで十分です。本はPDFなので、UIWebViewがそのまま表示してくれます。あっけないほど簡単です。iPodとiPhoneはダブルタップで文字を拡大できます。ちなみに左の写真はアンテナ銀河です。本の各章の扉絵として使わせていただきました。

2012年4月30日月曜日

IT英語のイントロ

あなたはIT業界のエンジニアですか。仕事で英語を使っていますか。 もっと英語で言いたいことが言えたらいいのにと思ったことはありませんか。 インターネットのおかげで仕事が簡単に国境を超える時代です。日本のIT会社が国際競争力を持つにはまず言葉の壁を乗り越える必要があります。 ITの国際共通語は英語です。

2012年4月28日土曜日

アプリのアイコン

これが作っているアプリのアイコン。目立つように単純明快なアイコンにしました。アートのセンスがないので直球勝負です。教育用アプリなので飾りはこれくらいでいいかな。

2012年4月27日金曜日

ブログ開始

原稿もほぼ出来たしアプリも完成した。iBookが日本語をサポートするまでアプリを使う予定。iPadならアプリでも読みやすい。